松井秀喜が「巨人監督」の質問にアレルギー反応を示すワケ

公開日: 更新日:

「誰かに聞いてこいって言われたんですか?」「しつこいですね、ジャイアンツの方ですか?」

 苦笑いを見せながらも珍しく語気を強めこう話した。元ヤンキースの松井秀喜(40)が13日、バイク王の新CMキャラクターの記者発表会に出席。その際、芸能リポーターと思われる女性記者に自身の去就について突っ込まれ、返答に窮する場面があった。

 今オフ、どのイベントに出席しても「巨人監督」について聞かれる松井。そのたびに「そういうチャンス、縁があれば……」と、その場を収めてきた。ところがこの日の女性記者は、「復帰は(間近か)?」「ファンも(巨人監督としての復帰を)期待していますが?」「背番号は55で?」と執拗に食い下がってきたから、思わず冒頭の発言が出てしまったのだろう。

 それにしても、巨人の監督といえば、野球人なら誰もが憧れる「お仕事」だ。球団から名前が出た時点で名誉なことであり、悪い話でもない。にもかかわらず、松井が「巨人監督」に関する質問にアレルギー反応を示すのはなぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る