• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松井秀喜が「巨人監督」の質問にアレルギー反応を示すワケ

「誰かに聞いてこいって言われたんですか?」「しつこいですね、ジャイアンツの方ですか?」

 苦笑いを見せながらも珍しく語気を強めこう話した。元ヤンキースの松井秀喜(40)が13日、バイク王の新CMキャラクターの記者発表会に出席。その際、芸能リポーターと思われる女性記者に自身の去就について突っ込まれ、返答に窮する場面があった。

 今オフ、どのイベントに出席しても「巨人監督」について聞かれる松井。そのたびに「そういうチャンス、縁があれば……」と、その場を収めてきた。ところがこの日の女性記者は、「復帰は(間近か)?」「ファンも(巨人監督としての復帰を)期待していますが?」「背番号は55で?」と執拗に食い下がってきたから、思わず冒頭の発言が出てしまったのだろう。

 それにしても、巨人の監督といえば、野球人なら誰もが憧れる「お仕事」だ。球団から名前が出た時点で名誉なことであり、悪い話でもない。にもかかわらず、松井が「巨人監督」に関する質問にアレルギー反応を示すのはなぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る