巨人ドラ1岡本 自主トレ初日で見せた"ゴジラ松井級"の風格

公開日: 更新日:

「全然、振り込んでないよね?」とは、巨人の江藤二軍打撃コーチのセリフである。

 巨人の新人合同自主トレがスタートした8日、将来の4番候補として期待されるドラフト1位・岡本和真(18=奈良・智弁学園)のティー打撃を見ての感想だ。報道陣から、年末年始もトレーニングを続けていた、と岡本をかばう声が出るや、「だったら、もっと振って欲しい。そう言っといて」と一言。ドラフト5位で入団し、広島、巨人の「主砲」として通算364本塁打を放った叩き上げの江藤コーチの目には、いかにも物足りなく映ったようなのである。

 実際、この日はロングダッシュ、キャッチボール、ノック、ティー打撃、ウエートトレーニングなどのメニューをこなしたが、初日とはいえ「超高校級打者」の片鱗を感じさせる、迫力や体のキレは最後まで見られずじまい。ダッシュでは他の新人選手が跳ねるようにグラウンドを駆ける中、岡本は明らかに余力を残すスピードで走った。そして、高校通算73本塁打を誇る注目のバットスイングでも、コーチの首をかしげさせたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る