巨人ドラ1岡本 自主トレ初日で見せた"ゴジラ松井級"の風格

公開日:  更新日:

「全然、振り込んでないよね?」とは、巨人の江藤二軍打撃コーチのセリフである。

 巨人の新人合同自主トレがスタートした8日、将来の4番候補として期待されるドラフト1位・岡本和真(18=奈良・智弁学園)のティー打撃を見ての感想だ。報道陣から、年末年始もトレーニングを続けていた、と岡本をかばう声が出るや、「だったら、もっと振って欲しい。そう言っといて」と一言。ドラフト5位で入団し、広島、巨人の「主砲」として通算364本塁打を放った叩き上げの江藤コーチの目には、いかにも物足りなく映ったようなのである。

 実際、この日はロングダッシュ、キャッチボール、ノック、ティー打撃、ウエートトレーニングなどのメニューをこなしたが、初日とはいえ「超高校級打者」の片鱗を感じさせる、迫力や体のキレは最後まで見られずじまい。ダッシュでは他の新人選手が跳ねるようにグラウンドを駆ける中、岡本は明らかに余力を残すスピードで走った。そして、高校通算73本塁打を誇る注目のバットスイングでも、コーチの首をかしげさせたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る