日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相次ぐ松井秀喜待望論…原監督「今季で巨人退団」の仰天情報

 巨人の原辰徳監督(56)がやけに精力的だ。

 今週末には母校の東海大OB会が主催するイベントのため香港へ飛ぶ。日本人学校などで行われる講演会と野球教室に初参加する予定だ。帰国してすぐの13日には客員教授を務める国際武道大での特別講義も行われる。

 年末年始こそ、甥っ子の菅野らと“一族”でハワイに滞在したものの、毎年恒例のものに加え、新しい仕事も積極的に受けているのだ。近しい関係者が言う。

「このオフの監督は、外との接点を着実に増やしているという見方もできる。来年以降の自らの去就が、次期監督候補の松井の気持ち次第という現状を受け入れてはいるものの、松井の返事を待つ間、ずっと巨人の監督を続けているかといえば、明言できないところもある」

 これまで巨人は渡辺最高顧問、白石オーナーともに「将来の監督候補」として松井秀喜氏(40)に何度もラブコールを送っている。オーナーは昨年11月のオーナー会議後に改めて「原監督の契約の任期はもう1年。来年中にいろんなことを考えなきゃいけない。続投もあるかもしれないし、ポスト原を決めなきゃいけないかもしれない。松井君もポスト原の有力候補であることは間違いない」と16年以降の監督人事について言及。先日、テレビ番組では長嶋終身名誉監督が「ファンは(松井氏が)監督になることを願っている。今年のシーズンオフあたり、やってくれると思うけどね。早く、そろそろ巨人の監督になってくれたらいいなと思っています」と発言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事