巨人オーナーがラブコールも…松井秀喜氏は「暖簾に腕押し」

公開日: 更新日:

 巨人の白石興二郎オーナー(68)が改めてOBの松井秀喜氏(40)へラブコールを送った。

「君たちの報道では(松井が来月の宮崎キャンプに)来るってなってたけど。それはもう、ぜひ臨時コーチで来てくれればありがたい」

 7日、都内で行われた時事通信社の新年互礼会に出席。囲んだ記者を通してメッセージを送った格好だ。

 松井氏は昨春の宮崎キャンプで2週間の臨時コーチを務めたものの、今年は未定。昨年1月10日には、渡辺最高顧問、同オーナー、長嶋終身名誉監督、松井氏で4者会談を行った。その席上で将来、監督として迎え入れたい意向を松井氏に伝えたが、これも、同オーナーによれば、「今年? 予定はないよ」という状態だ。

 昨年末に系列スポーツ紙が「宮崎キャンプ視察!」とデカデカと報じれば、テレビでも「独占!長嶋茂雄の真実」内で、恩師でもある長嶋氏が松井氏の早期監督就任を熱望。「今年のシーズンオフあたりどうかなあ、やってくれると思うけどね」と発言している。あの手この手で、何とか松井氏に球団に関わって欲しいと手を打ってはいる。が、当の本人の反応があまりにも鈍いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る