「巨人監督」に明言避けた松井…突っ込んだ原監督の“本心”は

公開日: 更新日:

 巨人やニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(40)と巨人の原辰徳監督(56)が17日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で開かれたチャリティーイベントの記者会見に出席した。

 いきなり記者のひとりから「来年はヤンキースのコーチになるのか?」と聞かれた松井は「イベントとは全く関係ない(質問)ですね」と苦笑い。すると、さらにストレートな質問が飛んだ。

「巨人からオファーがあったとしたら、原監督の後継者、つまり巨人の監督を引き受ける意思はありますか?」

 松井が「困りましたねえ……」と口ごもっていると、「ボクも聞きたいね!」と原監督が横から鋭く切り込み、会場は爆笑に包まれた。

 気を取り直した松井は「これは違うところで話をした方がいいと思います」と明言することはなかったが、原監督のこのひと言は、会見を盛り上げるためのリップサービスだけではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る