日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「巨人監督」に明言避けた松井…突っ込んだ原監督の“本心”は

 巨人やニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(40)と巨人の原辰徳監督(56)が17日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で開かれたチャリティーイベントの記者会見に出席した。

 いきなり記者のひとりから「来年はヤンキースのコーチになるのか?」と聞かれた松井は「イベントとは全く関係ない(質問)ですね」と苦笑い。すると、さらにストレートな質問が飛んだ。

「巨人からオファーがあったとしたら、原監督の後継者、つまり巨人の監督を引き受ける意思はありますか?」

 松井が「困りましたねえ……」と口ごもっていると、「ボクも聞きたいね!」と原監督が横から鋭く切り込み、会場は爆笑に包まれた。

 気を取り直した松井は「これは違うところで話をした方がいいと思います」と明言することはなかったが、原監督のこのひと言は、会見を盛り上げるためのリップサービスだけではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事