ゴジラがOB戦4安打 “貧打”巨人が臨時コーチ再オファー?

公開日: 更新日:

 ゴジラが存在感を見せつけた。ヤンキースなどで活躍した巨人OBの松井秀喜(40)が16日、コボスタ宮城で開催された阪神とのOB戦に「3番・右翼」で出場した。

 昨年5月5日に東京ドームで国民栄誉賞を受賞して以来の巨人の背番号「55」のユニホーム姿。プレーするのは02年11月の日米野球以来だった。

 初回に中前打、二回には右越えのワンバウンドでフェンスに当たる適時二塁打を放ち、「パワーが残っていなかった」と笑ったが、三回に左前打、五回にも右前打で、4打数4安打の大活躍。腰を押さえるしぐさでスタンドから笑いも誘った。

 報道陣に「まだ現役でいけるのでは?」と聞かれると「全然ダメ」と現役復帰は笑い飛ばしたものの、松井の後の4番を打った巨人の原監督は「私の現状の中では松井の後ろを打つのは荷が重いと感じた」と苦笑いを浮かべるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る