ゴジラがOB戦4安打 “貧打”巨人が臨時コーチ再オファー?

公開日:  更新日:

 ゴジラが存在感を見せつけた。ヤンキースなどで活躍した巨人OBの松井秀喜(40)が16日、コボスタ宮城で開催された阪神とのOB戦に「3番・右翼」で出場した。

 昨年5月5日に東京ドームで国民栄誉賞を受賞して以来の巨人の背番号「55」のユニホーム姿。プレーするのは02年11月の日米野球以来だった。

 初回に中前打、二回には右越えのワンバウンドでフェンスに当たる適時二塁打を放ち、「パワーが残っていなかった」と笑ったが、三回に左前打、五回にも右前打で、4打数4安打の大活躍。腰を押さえるしぐさでスタンドから笑いも誘った。

 報道陣に「まだ現役でいけるのでは?」と聞かれると「全然ダメ」と現役復帰は笑い飛ばしたものの、松井の後の4番を打った巨人の原監督は「私の現状の中では松井の後ろを打つのは荷が重いと感じた」と苦笑いを浮かべるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る