ゴジラがOB戦4安打 “貧打”巨人が臨時コーチ再オファー?

公開日:  更新日:

 ゴジラが存在感を見せつけた。ヤンキースなどで活躍した巨人OBの松井秀喜(40)が16日、コボスタ宮城で開催された阪神とのOB戦に「3番・右翼」で出場した。

 昨年5月5日に東京ドームで国民栄誉賞を受賞して以来の巨人の背番号「55」のユニホーム姿。プレーするのは02年11月の日米野球以来だった。

 初回に中前打、二回には右越えのワンバウンドでフェンスに当たる適時二塁打を放ち、「パワーが残っていなかった」と笑ったが、三回に左前打、五回にも右前打で、4打数4安打の大活躍。腰を押さえるしぐさでスタンドから笑いも誘った。

 報道陣に「まだ現役でいけるのでは?」と聞かれると「全然ダメ」と現役復帰は笑い飛ばしたものの、松井の後の4番を打った巨人の原監督は「私の現状の中では松井の後ろを打つのは荷が重いと感じた」と苦笑いを浮かべるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る