練習試合で左翼弾の日ハム大谷 “詰まって1号”の価値

公開日:  更新日:

 阪神との練習試合で本塁打を放った日本ハムの大谷翔平(20)は試合後、「少し詰まった」と言った。

 相手は阪神3年目の右腕・金田。カウント2-2からの5球目ストレートにやや差し込まれながら、逆方向の左翼席に放り込んだ。

 ボールを手元まで見ている証しだから、打者にとって詰まったり差し込まれたりするのは悪いことではない。問題はそのあと。ボールを正確にとらえて、なおかつヒットゾーンに運べるかどうかだ。

 昨季中盤までの大谷なら、差し込まれれば左前への軽打だった。しかし、シーズン中盤から飛距離はグンと伸びた。フリー打撃では、4番の中田翔よりも遠くへ飛ばすことがある。技術とパワーが噛み合って、左方向へも長打を打てるようになった。

「ストレートでもカーブでも、カウントを取りにくる球を確実にとらえること。1打席目はそれができたと思う」(大谷)

 逆方向への飛距離が伸びれば、昨シーズン10本だった一発は間違いなく増える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る