練習試合で左翼弾の日ハム大谷 “詰まって1号”の価値

公開日: 更新日:

 阪神との練習試合で本塁打を放った日本ハムの大谷翔平(20)は試合後、「少し詰まった」と言った。

 相手は阪神3年目の右腕・金田。カウント2-2からの5球目ストレートにやや差し込まれながら、逆方向の左翼席に放り込んだ。

 ボールを手元まで見ている証しだから、打者にとって詰まったり差し込まれたりするのは悪いことではない。問題はそのあと。ボールを正確にとらえて、なおかつヒットゾーンに運べるかどうかだ。

 昨季中盤までの大谷なら、差し込まれれば左前への軽打だった。しかし、シーズン中盤から飛距離はグンと伸びた。フリー打撃では、4番の中田翔よりも遠くへ飛ばすことがある。技術とパワーが噛み合って、左方向へも長打を打てるようになった。

「ストレートでもカーブでも、カウントを取りにくる球を確実にとらえること。1打席目はそれができたと思う」(大谷)

 逆方向への飛距離が伸びれば、昨シーズン10本だった一発は間違いなく増える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る