目撃された! 日ハム大谷「アカ抜けた私服」にオンナの影?

公開日:  更新日:

 シーズン中の遠征先でのこと。日本ハムの大谷翔平(20)が昼前、外出先からひょっこり宿舎のホテルに戻ってきた姿を見たある選手は、あまりにアカ抜けた格好に仰天したという。

「近くに買い物にでも出掛けた帰りかなんかだろうけど……」と、その選手がこう言った。

「かわいいポロシャツ着て、下は洒落たハーフパンツ。おまけに、いかしたバックスキンの靴なんか履いてるんスから。普段はジャージーにサンダル履きみたいな格好がほとんどだから余計、ビックリしましたよ」

 そして意味深にニヤニヤしながら「ありゃ、どう見ても本人の趣味じゃないって……」と続けるのだ。

 大谷は外出が許可制のうえ、何しろ目立つ。小洒落たブランド物の洋服を自ら買い込むわけにもいかない。寮住まいで月々の生活費が1万円ともいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る