目撃された! 日ハム大谷「アカ抜けた私服」にオンナの影?

公開日:  更新日:

 シーズン中の遠征先でのこと。日本ハムの大谷翔平(20)が昼前、外出先からひょっこり宿舎のホテルに戻ってきた姿を見たある選手は、あまりにアカ抜けた格好に仰天したという。

「近くに買い物にでも出掛けた帰りかなんかだろうけど……」と、その選手がこう言った。

「かわいいポロシャツ着て、下は洒落たハーフパンツ。おまけに、いかしたバックスキンの靴なんか履いてるんスから。普段はジャージーにサンダル履きみたいな格好がほとんどだから余計、ビックリしましたよ」

 そして意味深にニヤニヤしながら「ありゃ、どう見ても本人の趣味じゃないって……」と続けるのだ。

 大谷は外出が許可制のうえ、何しろ目立つ。小洒落たブランド物の洋服を自ら買い込むわけにもいかない。寮住まいで月々の生活費が1万円ともいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る