成長過程ダルそっくり 日ハム大谷「3年目の握力」にOB仰天

公開日: 更新日:

 その瞬間、日本ハムOBは思わず、「おっ?」と声を漏らした。今年に入ってから初めて大谷翔平(20)と会ったこのOB、久しぶりということで握手を交わした時の話だ。

「大谷と握手をするのは2年ぶりくらいだったけど、驚いたのはその握力。昔は何とも思わなかったのに、今度はガッチリ握り返してきてね。強いの何の、こっちの手が痛いくらいだったよ。ダルビッシュ(現レンジャーズ)の握手も同じだった。入団当時は大したことないな、と思っていたけど3年目には指の跡が手に残るくらいの力だったからね」

 もちろん、握力が強いから優れた投手というわけじゃない。このOBが驚いたのは、その成長ぶりだ。

 大谷は2年目の昨季、開幕当初に140キロ台だった速球が、5月13日の試合で158キロを計測すると、その後はほとんどが150キロオーバー。この試合を境に別人のように覚醒した。ダルビッシュも入団2年目の06年、シーズン最終戦でリリーフ登板してからは人が変わったようにボールのスピードもパワーも上がった。これは当時、「先発だとペース配分を考えすぎて力をセーブしている」と懸念した佐藤投手コーチ(現ソフトバンク)の配慮が大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る