成長過程ダルそっくり 日ハム大谷「3年目の握力」にOB仰天

公開日: 更新日:

 その瞬間、日本ハムOBは思わず、「おっ?」と声を漏らした。今年に入ってから初めて大谷翔平(20)と会ったこのOB、久しぶりということで握手を交わした時の話だ。

「大谷と握手をするのは2年ぶりくらいだったけど、驚いたのはその握力。昔は何とも思わなかったのに、今度はガッチリ握り返してきてね。強いの何の、こっちの手が痛いくらいだったよ。ダルビッシュ(現レンジャーズ)の握手も同じだった。入団当時は大したことないな、と思っていたけど3年目には指の跡が手に残るくらいの力だったからね」

 もちろん、握力が強いから優れた投手というわけじゃない。このOBが驚いたのは、その成長ぶりだ。

 大谷は2年目の昨季、開幕当初に140キロ台だった速球が、5月13日の試合で158キロを計測すると、その後はほとんどが150キロオーバー。この試合を境に別人のように覚醒した。ダルビッシュも入団2年目の06年、シーズン最終戦でリリーフ登板してからは人が変わったようにボールのスピードもパワーも上がった。これは当時、「先発だとペース配分を考えすぎて力をセーブしている」と懸念した佐藤投手コーチ(現ソフトバンク)の配慮が大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  8. 8

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る