• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

成長過程ダルそっくり 日ハム大谷「3年目の握力」にOB仰天

 その瞬間、日本ハムOBは思わず、「おっ?」と声を漏らした。今年に入ってから初めて大谷翔平(20)と会ったこのOB、久しぶりということで握手を交わした時の話だ。

「大谷と握手をするのは2年ぶりくらいだったけど、驚いたのはその握力。昔は何とも思わなかったのに、今度はガッチリ握り返してきてね。強いの何の、こっちの手が痛いくらいだったよ。ダルビッシュ(現レンジャーズ)の握手も同じだった。入団当時は大したことないな、と思っていたけど3年目には指の跡が手に残るくらいの力だったからね」

 もちろん、握力が強いから優れた投手というわけじゃない。このOBが驚いたのは、その成長ぶりだ。

 大谷は2年目の昨季、開幕当初に140キロ台だった速球が、5月13日の試合で158キロを計測すると、その後はほとんどが150キロオーバー。この試合を境に別人のように覚醒した。ダルビッシュも入団2年目の06年、シーズン最終戦でリリーフ登板してからは人が変わったようにボールのスピードもパワーも上がった。これは当時、「先発だとペース配分を考えすぎて力をセーブしている」と懸念した佐藤投手コーチ(現ソフトバンク)の配慮が大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る