日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ナインも球団関係者も辟易 オリ金子は“寡黙”マイペース調整

「本人が周囲に見られたり話しかけられたくないんですから。一軍キャンプに帯同させたこと自体が失敗だと思いますよ」

 オリックスのチーム関係者がこう嘆くのは金子千尋(31)のこと。現在一軍のキャンプに帯同しているものの、あまりのマイペースぶりに周囲が辟易しているからだ。

 昨年11月末に右ヒジを手術。以後はリハビリ中心のため、キャンプは初日からウオームアップや投内連係を除いて完全な別メニュー調整。昨年の移籍騒動で多方面からバッシングを受けた影響からか、基本的にメディアには「無言」。そればかりか、チームメートともほとんど口をきかないというのだ。

「キャンプで他の投手と話している姿をほとんど見ません。金子以外の投手が『何をやっているんですか? どのぐらいまで回復しているんですか?』と報道陣に逆取材するほどですからね」(冒頭の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事