• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリ入団会見で強気発言のブランコ “パで大化け”に現実味

「まずはリーグ優勝、そのうえで日本シリーズも勝ちたい」

 29日、ほっともっとフィールド神戸で行われた入団会見でこう話したのが、DeNAからオリックスに移籍したブランコ(34)だ。

 前広島のバリントン(34)と共に臨んだこの日の会見では終始強気のコメントを連発。「打率3割、40本、100打点」と、高い目標を掲げ今季への意欲を語った。

 ブランコは13年に首位打者、打点王の2冠に輝きながらも、昨季は3度の太もも肉離れもあって85試合で打率.283、17本、60打点と精彩を欠いた。

 しかし、パ・リーグはDH制で、不安要素だった守備の負担が軽減するため、故障の可能性も減る。おまけに、パはセ・リーグに比べドーム球場が多く、コンディションも整えやすい。

 DeNAが捨てた「大砲」はオリックスで大化けもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る