日ハムから移籍のオリ小谷野「中田翔の三塁練習に『俺は何?』」

公開日:  更新日:

 昨オフ、国内FA権を行使して日本ハムから移籍。生え抜きの功労者だけに、古巣では「将来の幹部候補」とも言われていた。にもかかわらず、34歳で移籍を決断した裏には何があったのか。6日、宮崎の春季キャンプ地で本人を直撃した。

――ちょっといいですか?

「はい。どうしましたか?」

――FA宣言するにあたって、残留か移籍かでかなり悩んでいたと聞いています。

「おっしゃる通り、かなり悩みました。今は移籍して良かったと思っていますが」

――愛着ある日本ハムを退団した理由は何だったのですか?

「いろいろとありますが、やっぱり一番は昨年、(体の)状態が良くても試合に出られなかったことです。若手の起用も増えてきたじゃないですか。FA宣言した時にもお話しさせていただきましたが、僕は純粋にレギュラーを争うというか挑戦させてもらいたかったんですけど、それが日本ハムではできるのかなと、思いまして。若手育成というチーム方針があるハムに残ったら、たぶんそれができないと思った。その辺が大きいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る