DeNA東野峻が激白 巨人とオリ時代に「胃に2つ穴が…」

公開日:  更新日:

「幼稚だったなと思いますね」

 オリックスを戦力外になり、トライアウトを経てDeNAに入団した東野が、真剣なまなざしでこう言った。04年にドラフト7巡目で巨人に入団。コツコツと結果を残して10年にはチームトップの13勝をマーク。翌11年には24歳の若さで開幕投手の大役を務めた。だが、ここから野球人生は一気に暗転する。12年はわずか1試合の登板にとどまり、オフにオリックスへ放出。新天地でも力を発揮できずに2年間でわずか1勝に終わって、戦力外を通告された。ドン底を味わった右腕をキャンプ地で直撃した。

――11年に巨人で開幕投手を務めたにもかかわらず、以降は不調が続いた。今振り返って何が原因だったと思っていますか?

「有頂天になっていたと思いますね。12年は、何で自分がこんな目に遭わなきゃいけないんだ、って自分の境遇をうらむばかりでした。開幕投手をやって8勝に終わり、球団からは『2ケタ勝てない開幕投手などほとんどいない』って怒られたこともあって、その年のオフは大好きな酒を断って、1日も休まず練習をしたんです。迎えた12年のキャンプは9キロ体重を絞って臨んで、オープン戦では15イニング連続無失点と成績を残せた。正直、先発ローテはもらったと思いました。開幕直前、原監督に呼ばれた時、先発4番手くらいには指名されるだろうと思っていたら、二軍スタートを通告されて、そこで気持ちが切れてしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る