DeNA東野峻が激白 巨人とオリ時代に「胃に2つ穴が…」

公開日:  更新日:

「幼稚だったなと思いますね」

 オリックスを戦力外になり、トライアウトを経てDeNAに入団した東野が、真剣なまなざしでこう言った。04年にドラフト7巡目で巨人に入団。コツコツと結果を残して10年にはチームトップの13勝をマーク。翌11年には24歳の若さで開幕投手の大役を務めた。だが、ここから野球人生は一気に暗転する。12年はわずか1試合の登板にとどまり、オフにオリックスへ放出。新天地でも力を発揮できずに2年間でわずか1勝に終わって、戦力外を通告された。ドン底を味わった右腕をキャンプ地で直撃した。

――11年に巨人で開幕投手を務めたにもかかわらず、以降は不調が続いた。今振り返って何が原因だったと思っていますか?

「有頂天になっていたと思いますね。12年は、何で自分がこんな目に遭わなきゃいけないんだ、って自分の境遇をうらむばかりでした。開幕投手をやって8勝に終わり、球団からは『2ケタ勝てない開幕投手などほとんどいない』って怒られたこともあって、その年のオフは大好きな酒を断って、1日も休まず練習をしたんです。迎えた12年のキャンプは9キロ体重を絞って臨んで、オープン戦では15イニング連続無失点と成績を残せた。正直、先発ローテはもらったと思いました。開幕直前、原監督に呼ばれた時、先発4番手くらいには指名されるだろうと思っていたら、二軍スタートを通告されて、そこで気持ちが切れてしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る