なぜだ? アギーレ後任報道が一気に沈静化の不思議

公開日: 更新日:

 この前まで「それなりに知名度のある監督」が何人も報じられ、2月中に目星がついて「新監督は3月7日に開幕するJリーグを視察する」ような勢いだった。それが一気に沈静化。スポーツメディアの次期日本代表監督報道である。

 実際、このところの新聞報道は「後任選びが難航」「リストを修正して交渉」「新監督は欧州で一本化」「霜田技術委員長は南米視察か」と錯綜しながら明らかにトーンダウン。有力候補の元デンマーク代表MFラウドルップ(カタール1部レクワイヤ監督)も、日本の通信社の取材に対して「日本の関心は認識している。5月にカタールリーグが終わってから考えたい」と素っ気ないコメントを文書で返した。

 あるサッカー関係者が「技術委員会内の空気は、新監督は6月にズレ込んでもOKという流れに傾き、メディアが次期監督探しをやらなくなった」とさらに続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る