日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜだ? アギーレ後任報道が一気に沈静化の不思議

 この前まで「それなりに知名度のある監督」が何人も報じられ、2月中に目星がついて「新監督は3月7日に開幕するJリーグを視察する」ような勢いだった。それが一気に沈静化。スポーツメディアの次期日本代表監督報道である。

 実際、このところの新聞報道は「後任選びが難航」「リストを修正して交渉」「新監督は欧州で一本化」「霜田技術委員長は南米視察か」と錯綜しながら明らかにトーンダウン。有力候補の元デンマーク代表MFラウドルップ(カタール1部レクワイヤ監督)も、日本の通信社の取材に対して「日本の関心は認識している。5月にカタールリーグが終わってから考えたい」と素っ気ないコメントを文書で返した。

 あるサッカー関係者が「技術委員会内の空気は、新監督は6月にズレ込んでもOKという流れに傾き、メディアが次期監督探しをやらなくなった」とさらに続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事