• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木良平氏が異論「次期監督なぜドイツ人の名前挙がらない」

【鈴木良平 特別寄稿】

 まずは最初に断っておきたい。ドイツで指導者ライセンスを取得したからではない。ドイツサッカー界に友人が多いからでも、ドイツ至上主義で他国サッカーを排他的に見ているからでもない。

 その上であえて問いたい。アギーレ氏が八百長疑惑で解任された後、多くの次期監督候補者が取り沙汰されている中、どうして有力候補リストにドイツ人指導者の名前が出てこないのか?
 
 かつてのドイツサッカーは、強靱なフィジカルをベースにしたパワーサッカーに頼り、代表チームの競争力が低下していった。2000年欧州選手権で1次リーグ1分け2敗の屈辱を味わい、ドイツ連盟は大改革に着手した。ドイツ全土を377地区に分け、そこに1000人の指導者を派遣した。さらに11~18歳の年代用に全国に350以上のトレーニングセンターを設置。若手の育成と優秀なタレントを発掘しやすい環境を整備した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る