日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト杉浦稔大投手は“二刀流”? 野手ばりスイングの秘密

「えげつないな」

 ヤクルト2年目・杉浦稔大(23)の豪快なスイングに、同僚選手が口々に感嘆の声を上げた。第2クール。投手の打撃練習で、高津投手コーチらを相手に60スイング中7本の柵越えを叩き込んだ。

「打席に入る時はいつも安打するつもりでいます。今年は本塁打を1本でも打ってみたい」(杉浦)

 中学3年時にすでに185センチ。帯広大谷高時代は4番を任された。昨季9月24日の広島戦で、野村からフェンス直撃の適時二塁打を放っている。

 運動センスは天性のものがある。両親は、父が元高校球児、母も高校時代にソフトボールで国体に出たことがある。北海道帯広市生まれで、冬は雪で野球ができなかった。

「小学校から中学校までは、冬はアイスホッケーをしていました。ポジションは主にDF。雪中サッカーに熱中していた時期もあります」(杉浦)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事