• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト杉浦稔大投手は“二刀流”? 野手ばりスイングの秘密

「えげつないな」

 ヤクルト2年目・杉浦稔大(23)の豪快なスイングに、同僚選手が口々に感嘆の声を上げた。第2クール。投手の打撃練習で、高津投手コーチらを相手に60スイング中7本の柵越えを叩き込んだ。

「打席に入る時はいつも安打するつもりでいます。今年は本塁打を1本でも打ってみたい」(杉浦)

 中学3年時にすでに185センチ。帯広大谷高時代は4番を任された。昨季9月24日の広島戦で、野村からフェンス直撃の適時二塁打を放っている。

 運動センスは天性のものがある。両親は、父が元高校球児、母も高校時代にソフトボールで国体に出たことがある。北海道帯広市生まれで、冬は雪で野球ができなかった。

「小学校から中学校までは、冬はアイスホッケーをしていました。ポジションは主にDF。雪中サッカーに熱中していた時期もあります」(杉浦)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る