ヤクルト杉浦稔大投手は“二刀流”? 野手ばりスイングの秘密

公開日:  更新日:

「えげつないな」

 ヤクルト2年目・杉浦稔大(23)の豪快なスイングに、同僚選手が口々に感嘆の声を上げた。第2クール。投手の打撃練習で、高津投手コーチらを相手に60スイング中7本の柵越えを叩き込んだ。

「打席に入る時はいつも安打するつもりでいます。今年は本塁打を1本でも打ってみたい」(杉浦)

 中学3年時にすでに185センチ。帯広大谷高時代は4番を任された。昨季9月24日の広島戦で、野村からフェンス直撃の適時二塁打を放っている。

 運動センスは天性のものがある。両親は、父が元高校球児、母も高校時代にソフトボールで国体に出たことがある。北海道帯広市生まれで、冬は雪で野球ができなかった。

「小学校から中学校までは、冬はアイスホッケーをしていました。ポジションは主にDF。雪中サッカーに熱中していた時期もあります」(杉浦)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る