ヤクルト杉浦稔大投手は“二刀流”? 野手ばりスイングの秘密

公開日: 更新日:

「えげつないな」

 ヤクルト2年目・杉浦稔大(23)の豪快なスイングに、同僚選手が口々に感嘆の声を上げた。第2クール。投手の打撃練習で、高津投手コーチらを相手に60スイング中7本の柵越えを叩き込んだ。

「打席に入る時はいつも安打するつもりでいます。今年は本塁打を1本でも打ってみたい」(杉浦)

 中学3年時にすでに185センチ。帯広大谷高時代は4番を任された。昨季9月24日の広島戦で、野村からフェンス直撃の適時二塁打を放っている。

 運動センスは天性のものがある。両親は、父が元高校球児、母も高校時代にソフトボールで国体に出たことがある。北海道帯広市生まれで、冬は雪で野球ができなかった。

「小学校から中学校までは、冬はアイスホッケーをしていました。ポジションは主にDF。雪中サッカーに熱中していた時期もあります」(杉浦)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る