最下位脱出へ ヤクルト再建の第一歩は「選手の意識改革」から

公開日:  更新日:

「サラリーマンにはならないようにしてほしい」

 キャンプ直前のミーティングで、ヤクルトの真中満新監督(44)は選手たちにこう告げたという。

 2年連続最下位からの巻き返しを図るチームは、このキャンプで「自主性」というテーマを掲げた。真中監督はその意図についてこう言った。

「今の選手は本当に真面目。こっちがやれ、と言わなくても練習はする。ただ、若い選手は真面目すぎて心の余裕がなくなり、視野が狭くなったり、切羽詰まってしまう傾向もある。それでは応用がきかないし、試合でいざというときに、とっさの判断ができなくなってしまいます。だから、練習から常に自分は何をやるべきかと、自身で判断してやれるようになってほしい。マニュアル通りにコーチにやらされる練習だったり、先輩が練習をしているから、という理由でただダラダラとやるのではなくてね。自主性と放任は全く別物。周りに流されずに自分でやるべきことを考えてやるということは、かえって難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る