日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最下位脱出へ ヤクルト再建の第一歩は「選手の意識改革」から

「サラリーマンにはならないようにしてほしい」

 キャンプ直前のミーティングで、ヤクルトの真中満新監督(44)は選手たちにこう告げたという。

 2年連続最下位からの巻き返しを図るチームは、このキャンプで「自主性」というテーマを掲げた。真中監督はその意図についてこう言った。

「今の選手は本当に真面目。こっちがやれ、と言わなくても練習はする。ただ、若い選手は真面目すぎて心の余裕がなくなり、視野が狭くなったり、切羽詰まってしまう傾向もある。それでは応用がきかないし、試合でいざというときに、とっさの判断ができなくなってしまいます。だから、練習から常に自分は何をやるべきかと、自身で判断してやれるようになってほしい。マニュアル通りにコーチにやらされる練習だったり、先輩が練習をしているから、という理由でただダラダラとやるのではなくてね。自主性と放任は全く別物。周りに流されずに自分でやるべきことを考えてやるということは、かえって難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事