日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「僕も傷負った」 ヤクルト大引が語る“ブチ切れ”移籍の真相

 オリックスから日本ハムに移籍して2年目の昨オフ、大引啓次(30)はFA権を行使。法大時代にプレーした神宮を本拠地とするヤクルトに移籍した。FA権を行使するに至った経緯やヤクルトでの意気込みを聞いた。

――昨オフ、日本ハムからFA宣言したきっかけを改めて聞かせてください。

「ファイターズには本当によくしてもらいました。ただ、FA宣言をして、ヤクルトが自分のことを凄く必要としてくれていると感じたので、移籍を決断しました。これまでずっとパ・リーグでプレーしてきて、セ・リーグの球団に移籍して、勉強できることも多いと思いますし、今後にも生きると思う。正直、これからは大変だと思います。セとパで野球は違うでしょうし、知り合いの方も少ないですし(苦笑)。声をかけていただいた楽天、オリックスであれば、違和感なく飛び込めたかもしれませんが、人生、迷った時には困難な方を選ぼう、進もうという僕自身のポリシーもあった。若いうちに経験しておきたいとも思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事