「僕も傷負った」 ヤクルト大引が語る“ブチ切れ”移籍の真相

公開日:  更新日:

 オリックスから日本ハムに移籍して2年目の昨オフ、大引啓次(30)はFA権を行使。法大時代にプレーした神宮を本拠地とするヤクルトに移籍した。FA権を行使するに至った経緯やヤクルトでの意気込みを聞いた。

――昨オフ、日本ハムからFA宣言したきっかけを改めて聞かせてください。

「ファイターズには本当によくしてもらいました。ただ、FA宣言をして、ヤクルトが自分のことを凄く必要としてくれていると感じたので、移籍を決断しました。これまでずっとパ・リーグでプレーしてきて、セ・リーグの球団に移籍して、勉強できることも多いと思いますし、今後にも生きると思う。正直、これからは大変だと思います。セとパで野球は違うでしょうし、知り合いの方も少ないですし(苦笑)。声をかけていただいた楽天、オリックスであれば、違和感なく飛び込めたかもしれませんが、人生、迷った時には困難な方を選ぼう、進もうという僕自身のポリシーもあった。若いうちに経験しておきたいとも思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る