「僕も傷負った」 ヤクルト大引が語る“ブチ切れ”移籍の真相

公開日: 更新日:

 オリックスから日本ハムに移籍して2年目の昨オフ、大引啓次(30)はFA権を行使。法大時代にプレーした神宮を本拠地とするヤクルトに移籍した。FA権を行使するに至った経緯やヤクルトでの意気込みを聞いた。

――昨オフ、日本ハムからFA宣言したきっかけを改めて聞かせてください。

「ファイターズには本当によくしてもらいました。ただ、FA宣言をして、ヤクルトが自分のことを凄く必要としてくれていると感じたので、移籍を決断しました。これまでずっとパ・リーグでプレーしてきて、セ・リーグの球団に移籍して、勉強できることも多いと思いますし、今後にも生きると思う。正直、これからは大変だと思います。セとパで野球は違うでしょうし、知り合いの方も少ないですし(苦笑)。声をかけていただいた楽天、オリックスであれば、違和感なく飛び込めたかもしれませんが、人生、迷った時には困難な方を選ぼう、進もうという僕自身のポリシーもあった。若いうちに経験しておきたいとも思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る