ヤクルト安堵もストレスが心配…バレンティン復縁の“吉凶”

公開日: 更新日:

 復縁までしていたというから驚いた。

 ヤクルトが26日、昨年1月に米フロリダ州で妻に対する暴行・監禁容疑で一時身柄を拘束され、起訴されていたバレンティン(30)について、「(暴行・監禁の)起訴および妻からの離婚訴訟が昨年9月に、共に取り下げられているとの報告を受けました。(中略)それ以降、夫婦間の誤解も解け、バレンティン選手はすでに復縁して、家族と一緒に生活をしているとのことです」と発表。

 事件が起きた直後、手首に手錠をはめられ、オレンジ色の“囚人服”を着て出廷したバレンティンの衝撃的な姿を考えれば、ヤクルトもよもや、元の鞘に収まるとは、想像できなかったろう。来日予定の3月上旬には、家族とともに戻ってくるそうで、球団が「復縁を心より喜んでいます。最も好ましい形で終結を迎えることができた」と安堵したのはよく分かる。

「夫人はバレンティンの携帯電話の履歴をこまめにチェックするなど、束縛の激しいタイプ。女性問題を心配させるバレンティンに非があるとはいえ、復縁で余計なストレスをためることにならなきゃいいですけど」

 チーム内にはそんな声もあるから、昨年10月に手術した左アキレス腱の状態も含め、真中新監督はまだまだ安心できないというのが本音か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

もっと見る