• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト安堵もストレスが心配…バレンティン復縁の“吉凶”

 復縁までしていたというから驚いた。

 ヤクルトが26日、昨年1月に米フロリダ州で妻に対する暴行・監禁容疑で一時身柄を拘束され、起訴されていたバレンティン(30)について、「(暴行・監禁の)起訴および妻からの離婚訴訟が昨年9月に、共に取り下げられているとの報告を受けました。(中略)それ以降、夫婦間の誤解も解け、バレンティン選手はすでに復縁して、家族と一緒に生活をしているとのことです」と発表。

 事件が起きた直後、手首に手錠をはめられ、オレンジ色の“囚人服”を着て出廷したバレンティンの衝撃的な姿を考えれば、ヤクルトもよもや、元の鞘に収まるとは、想像できなかったろう。来日予定の3月上旬には、家族とともに戻ってくるそうで、球団が「復縁を心より喜んでいます。最も好ましい形で終結を迎えることができた」と安堵したのはよく分かる。

「夫人はバレンティンの携帯電話の履歴をこまめにチェックするなど、束縛の激しいタイプ。女性問題を心配させるバレンティンに非があるとはいえ、復縁で余計なストレスをためることにならなきゃいいですけど」

 チーム内にはそんな声もあるから、昨年10月に手術した左アキレス腱の状態も含め、真中新監督はまだまだ安心できないというのが本音か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る