復活気配のヤクルト由規 「故障で3年登板なし」の苦悩を激白

公開日: 更新日:

 ヤクルトの由規(24)が復活の道のりを歩んでいる。10年には2ケタの12勝に加えて日本人最速の161キロ(当時)をマークするも、11年に右肩けん板損傷。以降、今季まで3年間、一軍登板がなかった。秋季キャンプ中の16日に四国社会人選抜との試合で2回無安打5奪三振、最速は148キロをマークし、復活に向けて順調に調整を進めている。その由規に故障後の苦悩などを直撃した。

――16日は3カ月ぶりの実戦登板でした。21日に終了する秋季キャンプは、どう過ごしてきたんですか?

「キャンプで練習を重ね、肩に疲労感を感じながらも離脱せずに投げられた。実戦で投げられて、今はホッとした気持ちです。チームメートよりもブルペン投球の回数、球数は多くはないですけど、投手コーチからは『コントロールはアバウトでもいいから、とにかく強い球を怖がらずに投げることだけを意識しろ』と言われてずっと続けてきました。今のところ順調にきていると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る