日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・和田監督が説得 三塁転向した西岡がブチ切れる日

「西岡と上本の競争に勝った人間を二塁で使います。うちでレギュラーが決まっているのは遊撃、一塁、左翼の3カ所だけです」

 和田監督はキャンプ中盤ぐらいまで、視察に来る評論家たちにこう語っていた。ところが先月25日、西岡の三塁コンバートが決定。今後のオープン戦は三塁で出場し、今成、新井と新たな競争を強いられることになった。

 西岡は、1月から何度も和田監督に三塁をやってくれと言われていたそうで、「3日前(22日)に監督からもう1回サードをやってくれと。4回目くらいなんですけど」と、報道陣の前で「暴露」してしまった。

 上本は昨年、開幕3試合目に故障した西岡の穴を埋めて余りある活躍でリーグ2位に貢献した。和田監督は、足が速く、粘り強い打撃をする上本は2番で使い攻撃の幅を広げたい。だから西岡を三塁に回すために水面下で説得していたのだが、評論家たちに嘘をついていたことが露呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事