藤浪、メッセともに乱調 開幕投手決められない阪神先発事情

公開日: 更新日:

「藤浪かメッセか、和田監督もまだ決めきれないと思うよ」

 阪神OBが3月27日(中日戦)の開幕投手についてこう分析する。

 先日、阪神の江夏臨時投手コーチは「(スタッフミーティングでは)藤浪君か、外国人(メッセ)か、どちらかにしようという話をしたよ」と明かしていた。開幕投手は20歳のエース候補か、実績十分の助っ人か。2人に絞られているのは間違いなさそうだ。

「チームとしても、ファンやマスコミとしても、若い藤浪が開幕投手を務めた方が盛り上がる。和田監督も藤浪に託したい気持ちもあるかもしれないが……」と、前出の阪神OBがこう言った。

「現状、阪神のローテ投手は5番手以降が固まっておらず、金田、岩貞らが争っている現状。このまま今後のオープン戦を通じて先発のコマ不足が解消されなければ、メッセに軸になってもらって、フル回転してもらわないといけなくなる。昨季は開幕時点で能見、メッセ、藤浪、岩田の4人しか先発が固まらず、3~4月にはスタミナ豊富なメッセが5度の中5日登板をこなした。藤浪にメッセのようなタフな登板ができるかといえば、まだ難しい。藤浪はまだ成長過程にあるだけでなく、荒れ球が武器である半面、1試合あたりの球数が多くなりがち。それだと他の投手に比べて疲労回復に時間がかかる。開幕を任せて中5日で回せる体力はまだないだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る