• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神OBが危惧 「西岡を特別扱いすればチームのやる気削ぐ」

「明るい材料がない中で優勝するには、和田監督がチームをまとめ、戦力を底上げする必要があると思う」

 阪神OBの評論家、福間納氏がこう言った。

 昨季はリーグ2位ながら日本シリーズ進出を果たした阪神だが、オフは金子、中島らの補強に次々と失敗。鳥谷もメジャー移籍する可能性がある。すでに中堅手・大和の遊撃コンバート案も浮上するなど、現有戦力の底上げが不可欠な中、悩みの種になりそうなのが西岡剛(30)の存在だ。

 昨年11月に右肘の遊離軟骨除去手術をした西岡は、「今季は二遊間で勝負したい」と言っている。鳥谷のメジャー移籍に備えて浮上した中堅へのコンバート案を、一蹴した格好だ。

 が、ライバル球団のスコアラーはこう言う。

「すでにチームのお荷物になりつつある。肘と膝に古傷を抱えていて、二塁、遊撃はおろか三塁を守るのも苦しいだろうし、中堅にしても足を使い、遠投が必要。鳥谷が残留すれば守るところはなく、鳥谷が流出しても遊撃は大和、二塁は上本で三塁は今成。中堅には福留、右翼には伊藤らを起用するのが現実的と思う。昨年の日本シリーズ第5戦で守備妨害を犯すなど、チームでも浮いてるみたいだしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る