阪神OBが危惧 「西岡を特別扱いすればチームのやる気削ぐ」

公開日:  更新日:

「明るい材料がない中で優勝するには、和田監督がチームをまとめ、戦力を底上げする必要があると思う」

 阪神OBの評論家、福間納氏がこう言った。

 昨季はリーグ2位ながら日本シリーズ進出を果たした阪神だが、オフは金子、中島らの補強に次々と失敗。鳥谷もメジャー移籍する可能性がある。すでに中堅手・大和の遊撃コンバート案も浮上するなど、現有戦力の底上げが不可欠な中、悩みの種になりそうなのが西岡剛(30)の存在だ。

 昨年11月に右肘の遊離軟骨除去手術をした西岡は、「今季は二遊間で勝負したい」と言っている。鳥谷のメジャー移籍に備えて浮上した中堅へのコンバート案を、一蹴した格好だ。

 が、ライバル球団のスコアラーはこう言う。

「すでにチームのお荷物になりつつある。肘と膝に古傷を抱えていて、二塁、遊撃はおろか三塁を守るのも苦しいだろうし、中堅にしても足を使い、遠投が必要。鳥谷が残留すれば守るところはなく、鳥谷が流出しても遊撃は大和、二塁は上本で三塁は今成。中堅には福留、右翼には伊藤らを起用するのが現実的と思う。昨年の日本シリーズ第5戦で守備妨害を犯すなど、チームでも浮いてるみたいだしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る