打順で“実入り”に差 ジャイアンツ青木が「1番定着」に血眼

公開日:  更新日:

「自分の頑張り次第でどうにでもなる」

 ジャイアンツの青木宣親(33)がこう言っている。「どうにでもなる」とは打順のこと。本人は1番定着に意欲を見せている。

 昨年序盤、リードオフマンを務めたパガン外野手(33)が腰の手術から復帰。今年もパガンが1番を打てば、青木は7番が濃厚だ。ボウチー監督は打順について明らかにしていないものの、3月2日からのオープン戦で複数のオーダーを試す方針。打線の流れや戦術を考慮しながら、3月中旬までには正式に決めるという。

 テストの期限を15日とすると、青木が1番定着をアピールできるのは13試合。主力は敵地への遠征を免除される可能性があるため、実質10試合で指揮官が納得する結果を残さなければならない。

 基本年俸が1年470万ドル(約5億6000万円)の青木にとって、打順が上位と下位とではボーナスの額に影響する。青木の契約には打席数に応じた出来高が盛り込まれており、400打席に達した時点で10万ドル(約1200万円)。以降、500打席までは25打席増えるごとに10万ドルずつ加算される。525打席に到達すると25万ドル(約3000万円)、それ以降、25打席ごとに25万ドルずつ上乗せされ、最大600打席で150万ドル(約1億8000万円)を手にできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る