西村が救援へ、FA金城開幕二軍…巨人は開幕直前も“迷走中”

公開日:  更新日:

 巨人がバタバタしている。

「新成」をテーマに掲げる今季から先発に転向していた西村健太朗(29)が、急きょ救援に回ることになり、25日の東京ドームでの練習で一軍に合流した。「勝利の方程式」の一角だったマシソンが、オープン戦で2試合続けて乱調。無期限二軍落ちとなった“穴埋め”にである。

 原監督は「マシソンには時間を与える。(西村と)話をして(マシソンの)役割を担えるのは健太朗しかいないと。チーム事情は分かってもらっている。先発は継続してもらう」とあくまでマシソンが復帰するまでの「急場しのぎ」を強調したが、開幕2日前になって、あっちこっちと役割が変わる西村は大変だ。

 ここにきての配置転換は、原構想を根底から覆す問題でもある。13年は防御率2.57だった救援陣が昨季は4.01。セーブ数は48から41、ホールド数も108から96と軒並み悪化。原監督は課題として「救援陣の整備」を真っ先に挙げていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る