西村が救援へ、FA金城開幕二軍…巨人は開幕直前も“迷走中”

公開日:  更新日:

 巨人がバタバタしている。

「新成」をテーマに掲げる今季から先発に転向していた西村健太朗(29)が、急きょ救援に回ることになり、25日の東京ドームでの練習で一軍に合流した。「勝利の方程式」の一角だったマシソンが、オープン戦で2試合続けて乱調。無期限二軍落ちとなった“穴埋め”にである。

 原監督は「マシソンには時間を与える。(西村と)話をして(マシソンの)役割を担えるのは健太朗しかいないと。チーム事情は分かってもらっている。先発は継続してもらう」とあくまでマシソンが復帰するまでの「急場しのぎ」を強調したが、開幕2日前になって、あっちこっちと役割が変わる西村は大変だ。

 ここにきての配置転換は、原構想を根底から覆す問題でもある。13年は防御率2.57だった救援陣が昨季は4.01。セーブ数は48から41、ホールド数も108から96と軒並み悪化。原監督は課題として「救援陣の整備」を真っ先に挙げていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る