西村が救援へ、FA金城開幕二軍…巨人は開幕直前も“迷走中”

公開日: 更新日:

 巨人がバタバタしている。

「新成」をテーマに掲げる今季から先発に転向していた西村健太朗(29)が、急きょ救援に回ることになり、25日の東京ドームでの練習で一軍に合流した。「勝利の方程式」の一角だったマシソンが、オープン戦で2試合続けて乱調。無期限二軍落ちとなった“穴埋め”にである。

 原監督は「マシソンには時間を与える。(西村と)話をして(マシソンの)役割を担えるのは健太朗しかいないと。チーム事情は分かってもらっている。先発は継続してもらう」とあくまでマシソンが復帰するまでの「急場しのぎ」を強調したが、開幕2日前になって、あっちこっちと役割が変わる西村は大変だ。

 ここにきての配置転換は、原構想を根底から覆す問題でもある。13年は防御率2.57だった救援陣が昨季は4.01。セーブ数は48から41、ホールド数も108から96と軒並み悪化。原監督は課題として「救援陣の整備」を真っ先に挙げていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る