監督の意に反し故障者続出の巨人 OBが指摘する意外な原因

公開日: 更新日:

「ケガ人がこれだけ続出するのは、ただの偶然とは思えませんね」

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言う。

 27日の開幕を前に野戦病院と化す巨人の現状を「異常ですよ」と嘆くのだが、ジャイアンツ球場で全体練習を行った16日にもまた故障者が出た。

 絶対的セットアッパーの山口が「背中の張り」を訴えて別メニューとなると、打撃コーチ兼任で前日は4番も務めた高橋由まで「体調不良」のため、練習前に帰ってしまったのだ。高橋氏が続ける。

「前日は今季から主将を務める坂本が『右足の張り』でオープン戦を欠場した。違和感とか張りとか、あいまいな言葉で試合や練習を休むことが多過ぎますよ。キャンプからの疲れが出る選手はいるだろうが、開幕直前のこの時期は、大事な追い込みの期間でもある。原監督はこれまで『痛い痒いと言わない強い選手をつくりたい』と言っていたにもかかわらず、今年は痛い痒いが激増しているのが気になる。リーグ3連覇中の油断なのか、選手の心にスキがあるのは否定できないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る