言語不明瞭…G激励会で渡辺恒雄氏挨拶も取材陣聞き取れず

公開日:  更新日:

 巨人の激励会が17日、都内のホテルで財界人など約1500人を集めて行われた。

 冒頭、首脳陣と選手をしたがえた渡辺恒雄球団最高顧問(88)は「オープン戦の結果は関係ない。統計的に考えないでいい。監督のテストがある。全力を挙げてクライマックスシリーズと日本シリーズを突破して、いい夢を見させてもらいたい」と挨拶。故障者続出と貧打に泣いているチームの現状にも「今日の(ヤクルトとの)練習試合は15安打。安心した。ケガ人が出たという報告ばかりだが、半月もすれば治る。私も大酒を食らってケガして40日も入院したから、言えたもんじゃないけど」と自虐ネタで会場の笑いを誘った。

「ただ、気になることがあるんです……」と某放送局関係者がこう言う。

「挨拶は5分くらい。いつものように長舌でしたが、気になるのは言語が不明瞭だったこと。取材陣は別室でICレコーダーに録音していたのですが、聞き取れない部分が多くなっている。もう88歳。滑舌に問題が出てきたにせよ、レコーダーを聞き直しても断片的にしか聞こえないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る