言語不明瞭…G激励会で渡辺恒雄氏挨拶も取材陣聞き取れず

公開日: 更新日:

 巨人の激励会が17日、都内のホテルで財界人など約1500人を集めて行われた。

 冒頭、首脳陣と選手をしたがえた渡辺恒雄球団最高顧問(88)は「オープン戦の結果は関係ない。統計的に考えないでいい。監督のテストがある。全力を挙げてクライマックスシリーズと日本シリーズを突破して、いい夢を見させてもらいたい」と挨拶。故障者続出と貧打に泣いているチームの現状にも「今日の(ヤクルトとの)練習試合は15安打。安心した。ケガ人が出たという報告ばかりだが、半月もすれば治る。私も大酒を食らってケガして40日も入院したから、言えたもんじゃないけど」と自虐ネタで会場の笑いを誘った。

「ただ、気になることがあるんです……」と某放送局関係者がこう言う。

「挨拶は5分くらい。いつものように長舌でしたが、気になるのは言語が不明瞭だったこと。取材陣は別室でICレコーダーに録音していたのですが、聞き取れない部分が多くなっている。もう88歳。滑舌に問題が出てきたにせよ、レコーダーを聞き直しても断片的にしか聞こえないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る