言語不明瞭…G激励会で渡辺恒雄氏挨拶も取材陣聞き取れず

公開日: 更新日:

 巨人の激励会が17日、都内のホテルで財界人など約1500人を集めて行われた。

 冒頭、首脳陣と選手をしたがえた渡辺恒雄球団最高顧問(88)は「オープン戦の結果は関係ない。統計的に考えないでいい。監督のテストがある。全力を挙げてクライマックスシリーズと日本シリーズを突破して、いい夢を見させてもらいたい」と挨拶。故障者続出と貧打に泣いているチームの現状にも「今日の(ヤクルトとの)練習試合は15安打。安心した。ケガ人が出たという報告ばかりだが、半月もすれば治る。私も大酒を食らってケガして40日も入院したから、言えたもんじゃないけど」と自虐ネタで会場の笑いを誘った。

「ただ、気になることがあるんです……」と某放送局関係者がこう言う。

「挨拶は5分くらい。いつものように長舌でしたが、気になるのは言語が不明瞭だったこと。取材陣は別室でICレコーダーに録音していたのですが、聞き取れない部分が多くなっている。もう88歳。滑舌に問題が出てきたにせよ、レコーダーを聞き直しても断片的にしか聞こえないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る