大田と沢村も故障で「原プラン」崩壊 巨人は結局“阿部依存”

公開日:  更新日:

 侍ジャパンの沢村拓一(26)が昨11日、予定されていた欧州代表戦の登板を回避した。試合前の練習ではキャッチボールを行わなかった。故障とみられるが、「残念。遠投はしなかったけどブルペンでは投げた」とだけ話し、足早に球場を後にした。巨人では今季からリリーフに転向。「代表でもそういう起用を考えている」と期待していた侍ジャパンの小久保監督はガッカリだろう。同時刻、福岡でオープン戦を行っていた巨人の原監督はもっとガッカリだ。自信をつけさせるため、小久保監督にメンバー選出を猛プッシュしたという。それより何より、これまで完璧な投球を続け、「このままの調子ならクローザー」と明言していたストッパー沢村は、今季の目玉でもあった。

 福岡でも故障者が出た。原監督に4番を任されるなど、優先的に起用されてきた大田泰示(24)が、一回2死満塁の好機で遊ゴロに倒れた際に左太もも裏を負傷し、そのまま交代。アイシング治療後に宿舎に戻ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る