本当に怪我なの? グリエルの来日拒否にDeNA“疑心暗鬼”

公開日:  更新日:

 開幕直前のチームに激震が走った。DeNAのグリエル(30)が右太もも痛を理由に、来日を拒否したというのだ。

 高田GMは「故障を理由にしているが、『こっちで体を診させて欲しい』と言っても、『来日しない』の一点張りだった。(来日は)いつになるか分からない。診断書もない」と困惑しきりだった。当初の予定では26日に来日するという取り決めがあった。ところが、グリエルとセットで契約した弟のルルデス・グリエルJr(21)も左手首痛で来日しないという。

 中畑監督は「来日は4月中旬から下旬というところを想定していた。そういう準備はしていた」とは言うものの、チーム内には「ワガママというより、何か裏があるんじゃないか」「グリエルはこのまま来日しないのでは?」と疑心暗鬼になっている者もいる。

「キューバと日本でほとんど休みなく野球をしているから、少し休みたいんだろう。でも、このままメジャーに行っても不思議じゃない。25日にキューバからアメリカに亡命した二塁手のオリベラ(29)が6年6250万ドル(約75億円)でドジャースと契約した。一部ではグリエルは二塁手としてオリベラよりもメジャーの評価は高いというから、さらに高額な契約を結べる可能性もある。グリエルは去年の時点でかなりメジャーに行きたがっていたしね」(チーム関係者)

 そうなれば契約破棄となり、大問題に発展する。可能性は低いとはいえ、今季のDeNAはグリエルに引っかき回されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る