日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

すでに現場は不在覚悟 DeNAグリエルに「5月上旬来日」説

「グリエル抜きで考えざるを得ないでしょうね」

 ライバル球団の007がこんな指摘をする。主砲・グリエル(30)の来日が最悪の場合、キューバ国内のリーグ戦などを経て5月上旬ごろまでズレ込む可能性があるからだ。

「昨年10月に帰国してすぐに現地のリーグ戦で戦っているグリエルにはオフがほとんどなく、かなり疲労がたまっているはず。来日が5月上旬になるということは、休養を含めた調整、時差の解消を考慮すれば、一軍に合流するのは5月末くらいになるかもしれない。普通に働けば戦力になるはずだが、本職が三塁のグリエルにとって、二塁でのプレーも負担は大きい。高いモチベーションでプレーできるかは未知数だ。現場も計算に入れづらいと思う」

 しかもグリエル自身、今オフのメジャー挑戦に意欲を燃やしているともいわれるから厄介だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事