元G戦士も揃った DeNA中畑監督は“妬み力”で巨人に挑む

公開日:  更新日:

「とにかく、ジャイアンツを倒す、倒したいという気持ちがハンパじゃない。気持ちというか、もう執念だね。多分、ビックリすると思うよ」

 日本球界復帰2年目を迎える左腕、DeNAの高橋尚成(39)のセリフである。オフに、巨人時代の後輩でもある東野峻(28)が戦力外になったオリックスから加入。チームの雰囲気などを気にする後輩に、高橋尚が真っ先に伝えたのが、中畑清監督(61)の「打倒巨人」に対する異常なまでのこだわりだった。

「高橋尚、林昌範に今季は東野、岡島秀樹、ロペスが加わった。実に元巨人勢が5人という布陣です。就任4年目で契約最終年の中畑監督に、何とか巨人を倒して優勝するという悲願を遂げてもらうため、少しでも力になればと高田GM以下のフロント陣が巨人を知る人材を集めた結果です。特にロペスは、昨シーズン中から中畑監督が望んだ補強。巨人が横やりを入れてきたグリエルも、年俸3億5000万円プラス弟のグリエル・ジュニアの獲得というキューバとグリエル側の条件を丸のみしてまで残留にこぎ着けた。キャンプで、半ば強引に巨人次期監督候補の松井秀喜を沖縄に呼んだのもそう。昨年、セで唯一、巨人に13勝11敗と勝ち越したこともあって、改めてフロントも“打倒巨人”の方針を鮮明にした。『今年は選手の顔つきも違うんだよ』と指揮官もご満悦です」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る