「復帰登板」先送りで囁かれるオリ金子のしたたかな“計算”

公開日: 更新日:

 昨年オフ、右ヒジ手術をしたオリックス金子千尋(31)が「迷走」している。

 手術直後は本人が「開幕に間に合わせる」と公言していたのに、今月20日には森脇監督から「27日の(開幕)登板はない」と発表された。その後は4月上旬の復帰が濃厚といわれながら、今度は準備していた24日のシート打撃登板を直前回避。無言を貫くエースに代わり、高山投手コーチが「本人の感覚もあるので」と説明した。

 この金子のドタキャンに「ある計算が働いているのでは……」と疑惑の目が向けられているのだ。

 仮に金子が24日のシート打撃に投げていたら、シーズン初登板は4月4日か5日の日本ハムとのデーゲームに組み込まれることが濃厚だったという。

「その試合で登板、その後に中6日のローテーションを守ると、以後は気象条件が投球に影響しがちな屋外球場のデーゲーム(コボスタ宮城、ほっともっと神戸)が続く。4月の仙台は昼間でも気温が10度前後。術後のヒジに負担がかかる恐れがあるし、神戸の気温も侮れないからね」とある球団OBはみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

もっと見る