「復帰登板」先送りで囁かれるオリ金子のしたたかな“計算”

公開日:  更新日:

 昨年オフ、右ヒジ手術をしたオリックス・金子千尋(31)が「迷走」している。

 手術直後は本人が「開幕に間に合わせる」と公言していたのに、今月20日には森脇監督から「27日の(開幕)登板はない」と発表された。その後は4月上旬の復帰が濃厚といわれながら、今度は準備していた24日のシート打撃登板を直前回避。無言を貫くエースに代わり、高山投手コーチが「本人の感覚もあるので」と説明した。

 この金子のドタキャンに「ある計算が働いているのでは……」と疑惑の目が向けられているのだ。

 仮に金子が24日のシート打撃に投げていたら、シーズン初登板は4月4日か5日の日本ハムとのデーゲームに組み込まれることが濃厚だったという。

「その試合で登板、その後に中6日のローテーションを守ると、以後は気象条件が投球に影響しがちな屋外球場のデーゲーム(コボスタ宮城、ほっともっと神戸)が続く。4月の仙台は昼間でも気温が10度前後。術後のヒジに負担がかかる恐れがあるし、神戸の気温も侮れないからね」とある球団OBはみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る