• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オープン戦打率2位も…オリ「総額35億円補強」に潜む歪み

 選手層は間違いなく厚くなった。オリックスはオフに中島(32)、小谷野(34)、ブランコ(34)、バリントン(34)らを補強。つぎ込んだ金額は総額35億円にのぼるといわれ、エース・金子(31)の引き留めにも成功した。

 オープン戦のチーム打率2割6分3厘は、ロッテ(2割8分5厘)に次いで12球団中2位。力のある選手たちが入ったのだから、チーム打率が押し上げられても不思議ではない。

 しかし、チーム打率や個人成績が、勝敗に直結するとは限らない。力のある選手が増えても、それが偏った補強であったり、既存の選手のやる気をそいだりしては、意味をなさないからだ。

「特に野手のバランスが悪いですからね」と、担当記者がこう言った。

「小谷野が今年のキャンプにグラブを9個も持参したように、補強した選手を常時起用すればポジションはダブついてしまう。一、三塁、外野、DHはおそらく開幕して以降も、なかなか固定できないでしょう。かといって大金をつぎ込んだ手前、使わないわけにもいかない。中には年俸とは別に住宅手当をもらった選手もいますしね。もともとオリックスにいた連中は面白くありませんよ」

 カネの使い方の問題でひずみが生じる可能性もあるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る