オープン戦打率2位も…オリ「総額35億円補強」に潜む歪み

公開日: 更新日:

 選手層は間違いなく厚くなった。オリックスはオフに中島(32)、小谷野(34)、ブランコ(34)、バリントン(34)らを補強。つぎ込んだ金額は総額35億円にのぼるといわれ、エース・金子(31)の引き留めにも成功した。

 オープン戦のチーム打率2割6分3厘は、ロッテ(2割8分5厘)に次いで12球団中2位。力のある選手たちが入ったのだから、チーム打率が押し上げられても不思議ではない。

 しかし、チーム打率や個人成績が、勝敗に直結するとは限らない。力のある選手が増えても、それが偏った補強であったり、既存の選手のやる気をそいだりしては、意味をなさないからだ。

「特に野手のバランスが悪いですからね」と、担当記者がこう言った。

「小谷野が今年のキャンプにグラブを9個も持参したように、補強した選手を常時起用すればポジションはダブついてしまう。一、三塁、外野、DHはおそらく開幕して以降も、なかなか固定できないでしょう。かといって大金をつぎ込んだ手前、使わないわけにもいかない。中には年俸とは別に住宅手当をもらった選手もいますしね。もともとオリックスにいた連中は面白くありませんよ」

 カネの使い方の問題でひずみが生じる可能性もあるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る