オープン戦打率2位も…オリ「総額35億円補強」に潜む歪み

公開日:  更新日:

 選手層は間違いなく厚くなった。オリックスはオフに中島(32)、小谷野(34)、ブランコ(34)、バリントン(34)らを補強。つぎ込んだ金額は総額35億円にのぼるといわれ、エース・金子(31)の引き留めにも成功した。

 オープン戦のチーム打率2割6分3厘は、ロッテ(2割8分5厘)に次いで12球団中2位。力のある選手たちが入ったのだから、チーム打率が押し上げられても不思議ではない。

 しかし、チーム打率や個人成績が、勝敗に直結するとは限らない。力のある選手が増えても、それが偏った補強であったり、既存の選手のやる気をそいだりしては、意味をなさないからだ。

「特に野手のバランスが悪いですからね」と、担当記者がこう言った。

「小谷野が今年のキャンプにグラブを9個も持参したように、補強した選手を常時起用すればポジションはダブついてしまう。一、三塁、外野、DHはおそらく開幕して以降も、なかなか固定できないでしょう。かといって大金をつぎ込んだ手前、使わないわけにもいかない。中には年俸とは別に住宅手当をもらった選手もいますしね。もともとオリックスにいた連中は面白くありませんよ」

 カネの使い方の問題でひずみが生じる可能性もあるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る