オープン戦打率2位も…オリ「総額35億円補強」に潜む歪み

公開日:  更新日:

 選手層は間違いなく厚くなった。オリックスはオフに中島(32)、小谷野(34)、ブランコ(34)、バリントン(34)らを補強。つぎ込んだ金額は総額35億円にのぼるといわれ、エース・金子(31)の引き留めにも成功した。

 オープン戦のチーム打率2割6分3厘は、ロッテ(2割8分5厘)に次いで12球団中2位。力のある選手たちが入ったのだから、チーム打率が押し上げられても不思議ではない。

 しかし、チーム打率や個人成績が、勝敗に直結するとは限らない。力のある選手が増えても、それが偏った補強であったり、既存の選手のやる気をそいだりしては、意味をなさないからだ。

「特に野手のバランスが悪いですからね」と、担当記者がこう言った。

「小谷野が今年のキャンプにグラブを9個も持参したように、補強した選手を常時起用すればポジションはダブついてしまう。一、三塁、外野、DHはおそらく開幕して以降も、なかなか固定できないでしょう。かといって大金をつぎ込んだ手前、使わないわけにもいかない。中には年俸とは別に住宅手当をもらった選手もいますしね。もともとオリックスにいた連中は面白くありませんよ」

 カネの使い方の問題でひずみが生じる可能性もあるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る