「僕はバカキャプテン…」 オリ糸井が“天然”で語った意気込み

公開日: 更新日:

「言ってええんかな……。来年はキャプテンになることになりました」

 昨年12月の契約更改で自らこう語り、今季からオリックスの主将を任されている糸井嘉男(33)。「天然」で、自由人のイメージが強いため、主将としてチームを引っ張る姿は想像しづらい。本人を直撃した。

――日刊ゲンダイです。ちょっといいですか?

「えっ、なんですか?」

――今季からキャプテンに就任しました。何人かの若手に糸井選手のキャプテンとしての仕事ぶりを聞いたら、「いい人だけど、よくわからない」という声がありました。

「えっ、マジっすか?じゃあ、どうすればいいんでしょうかねぇ?」

――それを聞きたくて、質問させてもらっているのですが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る