• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ディクソン完璧投球にニンマリ オリ森脇監督のうれしい誤算

 森脇監督はうれしい悲鳴か。

 6日のオープン戦(対巨人)で初先発したディクソン(30)が5回1安打無失点という完璧な投球を見せた。

 来日3年目の右腕は昨季先発ローテを守り9勝(10敗)を挙げ、オフには契約を延長。今季も先発陣の一角を担うとみられていた。

 ところが、チームはオフの大補強で、バリントン(34=前広島)、ブランコ(34=前DeNA)を獲得。おかげで昨季以上に外国人枠の競争が激しくなり、ディクソンの「生き残り」が微妙になってきた。

 現時点で開幕一軍が濃厚な外国人選手は前記2人の新加入組に加え、昨季141試合に出場してチーム2番の30盗塁をマークしたヘルマン(37)がいる。本来ならその後にディクソンとなるのだが、チームには金子、西、バリントン、松葉、東明、吉田ら先発陣が豊富で、欲しいのは中継ぎ。先発一本のディクソンより、救援も可能なマエストリ(29)となる。

 ディクソンがこのまま好投を続けたら、指揮官はどうするのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る