ディクソン完璧投球にニンマリ オリ森脇監督のうれしい誤算

公開日: 更新日:

 森脇監督はうれしい悲鳴か。

 6日のオープン戦(対巨人)で初先発したディクソン(30)が5回1安打無失点という完璧な投球を見せた。

 来日3年目の右腕は昨季先発ローテを守り9勝(10敗)を挙げ、オフには契約を延長。今季も先発陣の一角を担うとみられていた。

 ところが、チームはオフの大補強で、バリントン(34=前広島)、ブランコ(34=前DeNA)を獲得。おかげで昨季以上に外国人枠の競争が激しくなり、ディクソンの「生き残り」が微妙になってきた。

 現時点で開幕一軍が濃厚な外国人選手は前記2人の新加入組に加え、昨季141試合に出場してチーム2番の30盗塁をマークしたヘルマン(37)がいる。本来ならその後にディクソンとなるのだが、チームには金子、西、バリントン、松葉、東明、吉田ら先発陣が豊富で、欲しいのは中継ぎ。先発一本のディクソンより、救援も可能なマエストリ(29)となる。

 ディクソンがこのまま好投を続けたら、指揮官はどうするのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る