<第13回>寝る子は育つ。中学3年間で20センチ伸びた

公開日: 更新日:

 それは暑い夏だった。1994年、岩手の盛岡は真夏日が48日間もあった。48日間は今も記録として残っている。

 その盛岡から50キロほど南に下った奥州市水沢区の平間産婦人科で大谷が産声を上げたのは7月5日午後9時6分、猛暑に差し掛かったころだった。

 大谷の母・加代子(51)が当時を振り返ってこう言う。

「お産は3人目でしたからね。夜になり、陣痛が来たなというのがわかって、お父さん(徹・52)に病院に車で送ってもらったんです。お兄ちゃん(龍太・27歳)は小学生、お姉ちゃん(結香・22歳)はまだ2歳。一緒に病院に来てくれたのですが、まだ小さくてうるさいだけですからね。お父さんと一緒にその日はいったん家に帰ってもらって、会いに来てくれたのは翌日でした。その年は特に暑く、退院したあたりから真夏日が続き、社宅のエアコンをつけっ放しにしていたことは覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る