• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第13回>寝る子は育つ。中学3年間で20センチ伸びた

 それは暑い夏だった。1994年、岩手の盛岡は真夏日が48日間もあった。48日間は今も記録として残っている。

 その盛岡から50キロほど南に下った奥州市水沢区の平間産婦人科で大谷が産声を上げたのは7月5日午後9時6分、猛暑に差し掛かったころだった。

 大谷の母・加代子(51)が当時を振り返ってこう言う。

「お産は3人目でしたからね。夜になり、陣痛が来たなというのがわかって、お父さん(徹・52)に病院に車で送ってもらったんです。お兄ちゃん(龍太・27歳)は小学生、お姉ちゃん(結香・22歳)はまだ2歳。一緒に病院に来てくれたのですが、まだ小さくてうるさいだけですからね。お父さんと一緒にその日はいったん家に帰ってもらって、会いに来てくれたのは翌日でした。その年は特に暑く、退院したあたりから真夏日が続き、社宅のエアコンをつけっ放しにしていたことは覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る