<第13回>寝る子は育つ。中学3年間で20センチ伸びた

公開日: 更新日:

 それは暑い夏だった。1994年、岩手の盛岡は真夏日が48日間もあった。48日間は今も記録として残っている。

 その盛岡から50キロほど南に下った奥州市水沢区の平間産婦人科で大谷が産声を上げたのは7月5日午後9時6分、猛暑に差し掛かったころだった。

 大谷の母・加代子(51)が当時を振り返ってこう言う。

「お産は3人目でしたからね。夜になり、陣痛が来たなというのがわかって、お父さん(徹・52)に病院に車で送ってもらったんです。お兄ちゃん(龍太・27歳)は小学生、お姉ちゃん(結香・22歳)はまだ2歳。一緒に病院に来てくれたのですが、まだ小さくてうるさいだけですからね。お父さんと一緒にその日はいったん家に帰ってもらって、会いに来てくれたのは翌日でした。その年は特に暑く、退院したあたりから真夏日が続き、社宅のエアコンをつけっ放しにしていたことは覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る