<第12回>「龍太に何もしてやれなかった分、翔平にはしてやろうと」

公開日: 更新日:

 岩手県の水沢や近隣の金ケ崎には、ひなびた温泉場が点在する。

 大谷の父・徹(52)は温泉につかるのが好きだった。束の間の休日の日帰り入浴。昼夜2交代制で疲れた体をいたわるのは何よりの癒やしになった。

 しかし、頻繁には行けなかった。大谷の母・加代子(51)が笑いながら言う。

「温泉もみんなで1回行くと二、三千円かかるんですよ。大人ひとり五、六百円くらい。子供は半額で三百円くらい。水沢でも金ケ崎でもどこでもです。なのでバカにならないんですよ」

 だから休日は一家そろって付近の公園にピクニック、冬はそり遊びに出掛けた。加代子はそのたびに弁当を作った。

 大谷の兄・龍太(27)は少年時代、野球に打ち込みたくてもできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る