<第12回>「龍太に何もしてやれなかった分、翔平にはしてやろうと」

公開日:  更新日:

 岩手県の水沢や近隣の金ケ崎には、ひなびた温泉場が点在する。

 大谷の父・徹(52)は温泉につかるのが好きだった。束の間の休日の日帰り入浴。昼夜2交代制で疲れた体をいたわるのは何よりの癒やしになった。

 しかし、頻繁には行けなかった。大谷の母・加代子(51)が笑いながら言う。

「温泉もみんなで1回行くと二、三千円かかるんですよ。大人ひとり五、六百円くらい。子供は半額で三百円くらい。水沢でも金ケ崎でもどこでもです。なのでバカにならないんですよ」

 だから休日は一家そろって付近の公園にピクニック、冬はそり遊びに出掛けた。加代子はそのたびに弁当を作った。

 大谷の兄・龍太(27)は少年時代、野球に打ち込みたくてもできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る