W杯2次予選 シリア、アフガニスタンとの敵地戦は中立開催か

公開日: 更新日:

 18年ロシアW杯のアジア2次予選の抽選会が14日に行われ、グループEに入った日本(FIFA世界ランク50位)はシリア(同126位)、アフガニスタン(同135位)、シンガポール(同162位)、カンボジア(同179位)とホーム&アウェーで対戦する。

 この組み合わせにハリルホジッチ日本代表監督は「長距離移動があって政治的に不安定なところでも試合をやる」と警戒心をにじませながらコメント。スポーツマスコミも「決して安心はできない。特にアウェーでは何が起きるのか、分からない」と危機感をあおる。

 しかし、世界ランクを見るまでもなく、対戦相手に骨のあるチームは見当たらない。対戦成績もシンガポールとは20勝1分け3敗、シリアとは7勝1分け、アフガニスタンとは1勝、カンボジアとは2勝(合計30勝2分け3敗)と彼我の実力差は歴然としているのだ。「レベル差のある国との対戦とはいえ、ことさらに簡単に勝てると考えることなく、世情が不安定な国との対戦なのでテロなど起きるのでは、と必要以上に不安がることもなく、平常心で試合に臨み、実力を発揮すれば日本の2次予選突破は問題ないと思います」とサッカージャーナリスト・六川亨氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る