W杯2次予選 シリア、アフガニスタンとの敵地戦は中立開催か

公開日:  更新日:

 18年ロシアW杯のアジア2次予選の抽選会が14日に行われ、グループEに入った日本(FIFA世界ランク50位)はシリア(同126位)、アフガニスタン(同135位)、シンガポール(同162位)、カンボジア(同179位)とホーム&アウェーで対戦する。

 この組み合わせにハリルホジッチ日本代表監督は「長距離移動があって政治的に不安定なところでも試合をやる」と警戒心をにじませながらコメント。スポーツマスコミも「決して安心はできない。特にアウェーでは何が起きるのか、分からない」と危機感をあおる。

 しかし、世界ランクを見るまでもなく、対戦相手に骨のあるチームは見当たらない。対戦成績もシンガポールとは20勝1分け3敗、シリアとは7勝1分け、アフガニスタンとは1勝、カンボジアとは2勝(合計30勝2分け3敗)と彼我の実力差は歴然としているのだ。「レベル差のある国との対戦とはいえ、ことさらに簡単に勝てると考えることなく、世情が不安定な国との対戦なのでテロなど起きるのでは、と必要以上に不安がることもなく、平常心で試合に臨み、実力を発揮すれば日本の2次予選突破は問題ないと思います」とサッカージャーナリスト・六川亨氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る