代表で復調もドルトでさっぱり どっちが香川の“本来の姿”か

公開日: 更新日:

 ドイツの中堅マインツでゴール量産中の日本代表FW岡崎慎司(28)。

 前所属シュツットガルト時代の12~13年シーズンは通算1ゴールに終わり、当時の監督が「ユニホームの下に日本代表のユニホームを着てくれと頼んだ」と話していた。日本代表ではゴールを決めるのにクラブでは空砲続き。それでボヤキが口を突いて出たのだ。

 同じドイツの強豪ドルトムントを率いるクロップ監督も、岡崎の元指揮官の気持ちが「よく分かる」とヒザを叩きたいところだろう。

 12年6月、英名門マンチェスター・ユナイテッドに移籍したMF香川真司(26)は14年8月、古巣ドルトムントに出戻ってきた。しかし、リーグ2連覇(10~11年、11~12年シーズン)の立役者となった頃の輝きは消え失せ、7日のドイツ杯準々決勝ホッヘンハイム戦の評価も散々だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る