代表で復調もドルトでさっぱり どっちが香川の“本来の姿”か

公開日:  更新日:

 ドイツの中堅マインツでゴール量産中の日本代表FW岡崎慎司(28)。

 前所属シュツットガルト時代の12~13年シーズンは通算1ゴールに終わり、当時の監督が「ユニホームの下に日本代表のユニホームを着てくれと頼んだ」と話していた。日本代表ではゴールを決めるのにクラブでは空砲続き。それでボヤキが口を突いて出たのだ。

 同じドイツの強豪ドルトムントを率いるクロップ監督も、岡崎の元指揮官の気持ちが「よく分かる」とヒザを叩きたいところだろう。

 12年6月、英名門マンチェスター・ユナイテッドに移籍したMF香川真司(26)は14年8月、古巣ドルトムントに出戻ってきた。しかし、リーグ2連覇(10~11年、11~12年シーズン)の立役者となった頃の輝きは消え失せ、7日のドイツ杯準々決勝ホッヘンハイム戦の評価も散々だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る