川勝良一氏が指摘 ハリル監督は“緩い”国内組に宿題を与えた

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ新監督が、幸先良いスタートを切った。初采配となったチュニジア戦では、新監督のやりたいことが伝わってきた。スピーディーにボールを動かし、突破のタイミングも早くなった。センターバック(CB)同士のパス交換が少なくなったことにも注目したい。

 これまで日本代表の試合を見ていて「ダルイ」と思ったのは、CB同士の無意味な往復パスが多かったことだ。まるでテレビドラマの間に長いCMが入るようなもの。興ざめすること甚だしい。

 それがチュニジア戦では、CB同士のパスが片道通行に変わった。

 選手交代も興味深かった。後半15分に2人を同時に代え、その12分後に再び2人を同時交代させた。仕掛けていくタイミングが、これまでよりもずっと早くなった。象徴的だったのは、本田の2点目につながった香川のプレーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る