川勝良一氏が指摘 ハリル監督は“緩い”国内組に宿題を与えた

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ新監督が、幸先良いスタートを切った。初采配となったチュニジア戦では、新監督のやりたいことが伝わってきた。スピーディーにボールを動かし、突破のタイミングも早くなった。センターバック(CB)同士のパス交換が少なくなったことにも注目したい。

 これまで日本代表の試合を見ていて「ダルイ」と思ったのは、CB同士の無意味な往復パスが多かったことだ。まるでテレビドラマの間に長いCMが入るようなもの。興ざめすること甚だしい。

 それがチュニジア戦では、CB同士のパスが片道通行に変わった。

 選手交代も興味深かった。後半15分に2人を同時に代え、その12分後に再び2人を同時交代させた。仕掛けていくタイミングが、これまでよりもずっと早くなった。象徴的だったのは、本田の2点目につながった香川のプレーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る