実力を疑問視…武藤のチェルシー移籍騒動にファン冷ややか

公開日:  更新日:

 3月31日に日刊ゲンダイ本紙が報じた、FC東京・武藤嘉紀(22)の英プレミアリーグの名門チェルシーへの移籍。武藤本人と所属先のFC東京関係者は沈黙していたが、8日になって大金直樹社長と武藤が3月上旬にチェルシーから正式なオファーが届いたことを明かし、新たな局面を迎えている。

 武藤とFC東京との契約は18年1月まで。今夏に予定されているチェルシー移籍が決まった場合、チェルシーからFC東京に移籍金が支払われる。その額は400万ポンド(約7億円)といわれ、Jリーグからの海外移籍では過去最高額となるビッグビジネスとなるが、日本代表で不動のレギュラーでもない武藤が、スタメンに強豪国のトップ選手がズラリのチェルシーからお呼びが掛かるとは、いささか奇異な印象は否めない。サッカーファンもこれには複雑な心境のようで、今回の騒動には冷ややかな反応が目立つのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る