実力を疑問視…武藤のチェルシー移籍騒動にファン冷ややか

公開日: 更新日:

 3月31日に日刊ゲンダイ本紙が報じた、FC東京・武藤嘉紀(22)の英プレミアリーグの名門チェルシーへの移籍。武藤本人と所属先のFC東京関係者は沈黙していたが、8日になって大金直樹社長と武藤が3月上旬にチェルシーから正式なオファーが届いたことを明かし、新たな局面を迎えている。

 武藤とFC東京との契約は18年1月まで。今夏に予定されているチェルシー移籍が決まった場合、チェルシーからFC東京に移籍金が支払われる。その額は400万ポンド(約7億円)といわれ、Jリーグからの海外移籍では過去最高額となるビッグビジネスとなるが、日本代表で不動のレギュラーでもない武藤が、スタメンに強豪国のトップ選手がズラリのチェルシーからお呼びが掛かるとは、いささか奇異な印象は否めない。サッカーファンもこれには複雑な心境のようで、今回の騒動には冷ややかな反応が目立つのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る