実力を疑問視…武藤のチェルシー移籍騒動にファン冷ややか

公開日: 更新日:

 3月31日に日刊ゲンダイ本紙が報じた、FC東京・武藤嘉紀(22)の英プレミアリーグの名門チェルシーへの移籍。武藤本人と所属先のFC東京関係者は沈黙していたが、8日になって大金直樹社長と武藤が3月上旬にチェルシーから正式なオファーが届いたことを明かし、新たな局面を迎えている。

 武藤とFC東京との契約は18年1月まで。今夏に予定されているチェルシー移籍が決まった場合、チェルシーからFC東京に移籍金が支払われる。その額は400万ポンド(約7億円)といわれ、Jリーグからの海外移籍では過去最高額となるビッグビジネスとなるが、日本代表で不動のレギュラーでもない武藤が、スタメンに強豪国のトップ選手がズラリのチェルシーからお呼びが掛かるとは、いささか奇異な印象は否めない。サッカーファンもこれには複雑な心境のようで、今回の騒動には冷ややかな反応が目立つのだ。

 多くは、武藤の実力不足を指摘するもの。チェルシーのレギュラーとして活躍するエデン・アザール(24)、セスク・ファブレガス(27)らと実力を比較し、<チェルシーの選手たちとは2段階から3段階ぐらいレベルが違う。ばかばかしい話>といった厳しい指摘や、<代表で本田より存在感のない武藤が何すんのよ?><またエア移籍か><Jの実績なんて何の価値もないしほんとに実績皆無。こんな選手とったらボコボコに叩かれるだろうな>といった辛らつな意見も飛び交っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?