低迷する年代別代表 サッカー協会に漂う“暗黒時代”突入不安

公開日:  更新日:

 U―22(22歳以下)日本代表が、昨29日の16年リオ五輪アジア1次予選I組ベトナム戦を2―0でモノにし、これで31日のマレーシア戦に勝つか引き分ければ、同組首位通過となり、来年1月にカタールで開催される最終予選に駒を進める。

 その最終予選には16カ国が参加。「出場枠3」を争う。一筋縄ではいかない国ばかりを相手にするわけだが、近年の年代別日本代表の低迷ぶりを考えると、68年メキシコ五輪以来28年ぶりに出場した96年アトランタ五輪から続けてきた連続出場が途絶える可能性だって決して低いとはいえない。

 実際、日本の年代別代表の低迷は深刻だ。14年10月、U―19(19歳以下)代表はアジア選手権準々決勝で北朝鮮に力負け。4大会連続でU―20W杯の出場権を失った。同年9月には、U―16(16歳以下)日本代表が、準々決勝で韓国に完封負け。07年から続けてきたU―17W杯出場を5大会ぶりに逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る