故障相次ぐも揺るがず 米スカウト「日本人投手」高評価の理由

公開日: 更新日:

 1995年に野茂英雄さんがドジャースに入団して以来、20年の長きにわたって毎年継続してきた日本人選手のメジャー移籍が、今季開幕時、ついに途切れた。現在インディアンス傘下3Aで孤軍奮闘している元巨人の村田透投手らがシーズン中にメジャーに昇格する可能性はゼロではないが、その確率は低いだろう。

 開幕ロースターに名を連ねた30球団の選手平均年棒が初めて5億円を超えた今季、MLBの移籍市場に日本球界のトップアスリートが果たしてきた役割は、ひとつの節目を迎えた感もある。ダルビッシュ有藤川球児和田毅らが相次いでトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受け、黒田博樹松坂大輔田中賢介らは日本球界に復帰した。MLB公認エージェントたちは、プロ野球界をどのような視点で見ているのだろうか。

「たまたま今年は移籍したアスリートがいなかっただけで、いまなお、日本球界はトップアスリートの宝庫だよ。現に日本に10人近くいるMLB球団のスカウト陣は、開幕から各地のプロ野球を丁寧に調べていますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る