ファンサービスも逆効果に プロ野球の「時短」を阻む企業論理

公開日:  更新日:

「スピードアップしたくても、なかなかできない側面はあると思います」

 元中日球団代表の井手峻氏は、NPBが積極的に進める試合時間の「スピードアップ対策」について、こんな意見を持つ。

 熊崎コミッショナーは「ゲームオペレーション委員会」を立ち上げ、昨年の平均3時間17分から3時間以内に試合時間を短縮することを目標に掲げる。

 20年東京五輪での野球、ソフトボールの復活に向け、テレビの放映権との兼ね合いもあって時間短縮は避けて通れない。WBSC(世界野球ソフトボール連盟)のフラッカリ会長は五輪で実施する7回制の導入を「アイデアの一つ」と言う。

 現状、プロ野球は「イニング間のインターバルを2分15秒以内」「投球間隔は15秒(無走者時)」などのルールを設定。野手間のボール回しを減らしたり、人工芝のグラウンドの整備回数を減らすなどの意見も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る