ファンサービスも逆効果に プロ野球の「時短」を阻む企業論理

公開日: 更新日:

「スピードアップしたくても、なかなかできない側面はあると思います」

 元中日球団代表の井手峻氏は、NPBが積極的に進める試合時間の「スピードアップ対策」について、こんな意見を持つ。

 熊崎コミッショナーは「ゲームオペレーション委員会」を立ち上げ、昨年の平均3時間17分から3時間以内に試合時間を短縮することを目標に掲げる。

 20年東京五輪での野球ソフトボールの復活に向け、テレビの放映権との兼ね合いもあって時間短縮は避けて通れない。WBSC(世界野球ソフトボール連盟)のフラッカリ会長は五輪で実施する7回制の導入を「アイデアの一つ」と言う。

 現状、プロ野球は「イニング間のインターバルを2分15秒以内」「投球間隔は15秒(無走者時)」などのルールを設定。野手間のボール回しを減らしたり、人工芝のグラウンドの整備回数を減らすなどの意見も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る