ファンサービスも逆効果に プロ野球の「時短」を阻む企業論理

公開日: 更新日:

「スピードアップしたくても、なかなかできない側面はあると思います」

 元中日球団代表の井手峻氏は、NPBが積極的に進める試合時間の「スピードアップ対策」について、こんな意見を持つ。

 熊崎コミッショナーは「ゲームオペレーション委員会」を立ち上げ、昨年の平均3時間17分から3時間以内に試合時間を短縮することを目標に掲げる。

 20年東京五輪での野球、ソフトボールの復活に向け、テレビの放映権との兼ね合いもあって時間短縮は避けて通れない。WBSC(世界野球ソフトボール連盟)のフラッカリ会長は五輪で実施する7回制の導入を「アイデアの一つ」と言う。

 現状、プロ野球は「イニング間のインターバルを2分15秒以内」「投球間隔は15秒(無走者時)」などのルールを設定。野手間のボール回しを減らしたり、人工芝のグラウンドの整備回数を減らすなどの意見も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る