マー君の中4日先発に権藤博氏が理解も「日本は甘い」と苦言

公開日: 更新日:

 ヤンキースの田中将大(26)が23日、今季初の中4日の先発マウンドに立った。

 いかにも、アメリカらしい起用ではないか。田中は昨季後半に右肘靱帯の部分断裂という重症を負った。これが日本だったら、彼の登板間隔にはどうしても慎重にならざるを得なく、場合によっては中6日、中7日のローテーションを組むところだ。だが、ヤンキースはそうはしない。故障明けの田中に球数や調整方法で一定の配慮はしても、遠慮はしない。マウンドに上がって投げている以上、ローテーション投手としての役割を全うするのが義務だとばかりに、中4日でも投げさせる。シビアで現実的な米国らしいやり方だ。

 そこへ行くと日本のプロ野球はどうか。いつの間にか先発投手の登板は中5日、中6日が当たり前になっている。横浜監督時代にリリーフ陣にもローテーション制を導入するなど、指導者になってから一貫して投手の故障や酷使に気を使ってきた私でも、先発投手の中6日はどうにも違和感がある。この登板間隔だとシーズン144試合(今年は143試合だが)でマウンドに上がるのは、1年間でたった24試合。それで1億、2億の年俸を出す球団からすれば、コストパフォーマンスが悪すぎる。目当ての投手の投球を見る機会が減るファンにとっても大きな損失だと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る