マー君の中4日先発に権藤博氏が理解も「日本は甘い」と苦言

公開日: 更新日:

 ヤンキースの田中将大(26)が23日、今季初の中4日の先発マウンドに立った。

 いかにも、アメリカらしい起用ではないか。田中は昨季後半に右肘靱帯の部分断裂という重症を負った。これが日本だったら、彼の登板間隔にはどうしても慎重にならざるを得なく、場合によっては中6日、中7日のローテーションを組むところだ。だが、ヤンキースはそうはしない。故障明けの田中に球数や調整方法で一定の配慮はしても、遠慮はしない。マウンドに上がって投げている以上、ローテーション投手としての役割を全うするのが義務だとばかりに、中4日でも投げさせる。シビアで現実的な米国らしいやり方だ。

 そこへ行くと日本のプロ野球はどうか。いつの間にか先発投手の登板は中5日、中6日が当たり前になっている。横浜監督時代にリリーフ陣にもローテーション制を導入するなど、指導者になってから一貫して投手の故障や酷使に気を使ってきた私でも、先発投手の中6日はどうにも違和感がある。この登板間隔だとシーズン144試合(今年は143試合だが)でマウンドに上がるのは、1年間でたった24試合。それで1億、2億の年俸を出す球団からすれば、コストパフォーマンスが悪すぎる。目当ての投手の投球を見る機会が減るファンにとっても大きな損失だと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る