マー君の中4日先発に権藤博氏が理解も「日本は甘い」と苦言

公開日: 更新日:

 ヤンキースの田中将大(26)が23日、今季初の中4日の先発マウンドに立った。

 いかにも、アメリカらしい起用ではないか。田中は昨季後半に右肘靱帯の部分断裂という重症を負った。これが日本だったら、彼の登板間隔にはどうしても慎重にならざるを得なく、場合によっては中6日、中7日のローテーションを組むところだ。だが、ヤンキースはそうはしない。故障明けの田中に球数や調整方法で一定の配慮はしても、遠慮はしない。マウンドに上がって投げている以上、ローテーション投手としての役割を全うするのが義務だとばかりに、中4日でも投げさせる。シビアで現実的な米国らしいやり方だ。

 そこへ行くと日本のプロ野球はどうか。いつの間にか先発投手の登板は中5日、中6日が当たり前になっている。横浜監督時代にリリーフ陣にもローテーション制を導入するなど、指導者になってから一貫して投手の故障や酷使に気を使ってきた私でも、先発投手の中6日はどうにも違和感がある。この登板間隔だとシーズン144試合(今年は143試合だが)でマウンドに上がるのは、1年間でたった24試合。それで1億、2億の年俸を出す球団からすれば、コストパフォーマンスが悪すぎる。目当ての投手の投球を見る機会が減るファンにとっても大きな損失だと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」