苦投の田中 スプリットの投げ時で見えた「組み立て」の違い

公開日: 更新日:

「フー・イズ・ジィス・ガイ?」(この男は誰?)

 地元紙は150キロを出せない田中将大の開幕戦ピッチングをこう揶揄したが、本当に球速だけが問題なのか。

 昨夏、右肘内側側副靱帯の部分断裂が発覚。幸いトミー・ジョン手術(靱帯の移植)の必要はなく、選択したPRP治療(多血小板血漿を患部に注射する再生医療)が功を奏し、今季の開幕投手に抜擢された。が、ここまで2試合で9イニング7失点(防御率7.00)。メジャー実績がないのに年俸20億円以上の7年契約で入団しているのだ。先物買いは失敗か? 活躍が昨年だけなら給料ドロボーと言われても仕方ない。

 出力不足は明らかだ。昨年と今年で2試合目の球速を比較しよう。

 12日のレッドソックス戦のストレートは平均147キロ。151キロから4キロ下がっている。最速は149キロ。昨年は155キロも出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る