• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

苦投の田中 スプリットの投げ時で見えた「組み立て」の違い

「フー・イズ・ジィス・ガイ?」(この男は誰?)

 地元紙は150キロを出せない田中将大の開幕戦ピッチングをこう揶揄したが、本当に球速だけが問題なのか。

 昨夏、右肘内側側副靱帯の部分断裂が発覚。幸いトミー・ジョン手術(靱帯の移植)の必要はなく、選択したPRP治療(多血小板血漿を患部に注射する再生医療)が功を奏し、今季の開幕投手に抜擢された。が、ここまで2試合で9イニング7失点(防御率7.00)。メジャー実績がないのに年俸20億円以上の7年契約で入団しているのだ。先物買いは失敗か? 活躍が昨年だけなら給料ドロボーと言われても仕方ない。

 出力不足は明らかだ。昨年と今年で2試合目の球速を比較しよう。

 12日のレッドソックス戦のストレートは平均147キロ。151キロから4キロ下がっている。最速は149キロ。昨年は155キロも出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る