苦投の田中 スプリットの投げ時で見えた「組み立て」の違い

公開日:  更新日:

「フー・イズ・ジィス・ガイ?」(この男は誰?)

 地元紙は150キロを出せない田中将大の開幕戦ピッチングをこう揶揄したが、本当に球速だけが問題なのか。

 昨夏、右肘内側側副靱帯の部分断裂が発覚。幸いトミー・ジョン手術(靱帯の移植)の必要はなく、選択したPRP治療(多血小板血漿を患部に注射する再生医療)が功を奏し、今季の開幕投手に抜擢された。が、ここまで2試合で9イニング7失点(防御率7.00)。メジャー実績がないのに年俸20億円以上の7年契約で入団しているのだ。先物買いは失敗か? 活躍が昨年だけなら給料ドロボーと言われても仕方ない。

 出力不足は明らかだ。昨年と今年で2試合目の球速を比較しよう。

 12日のレッドソックス戦のストレートは平均147キロ。151キロから4キロ下がっている。最速は149キロ。昨年は155キロも出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る