“本家”権藤博氏が苦言 ベイ「マシンガン打線」襲名まだ早い

公開日: 更新日:

 懐かしい響きだ。開幕12試合を終えて8勝4敗でセ・リーグの単独首位、DeNAベイスターズの好調を伝えるスポーツ紙の記事に、「マシンガン打線」という見出しがついていた。

 チーム打率.287、52得点はともにリーグトップ。ベイスターズにこの時点で貯金があるのは、私が指揮を執っていた00年以来15年ぶりのことだそうで、確かに当時のチームは打線の破壊力に注目が集まった。在任3年間のチーム打率は、いずれも.277以上。99年は当時のプロ野球歴代1位となる.294(現在は2位)をマークして、他球団に「マシンガン打線」と恐れられた。

 しかし、監督の私には打撃のチームをつくる気など毛頭なかった。つくったつもりもない。腐心したのは、あくまで「投手を中心としたディフェンス力の強化」。98年のリーグ優勝、日本一もディフェンス力のたまものだと今も思っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る