“本家”権藤博氏が苦言 ベイ「マシンガン打線」襲名まだ早い

公開日: 更新日:

 懐かしい響きだ。開幕12試合を終えて8勝4敗でセ・リーグの単独首位、DeNAベイスターズの好調を伝えるスポーツ紙の記事に、「マシンガン打線」という見出しがついていた。

 チーム打率.287、52得点はともにリーグトップ。ベイスターズにこの時点で貯金があるのは、私が指揮を執っていた00年以来15年ぶりのことだそうで、確かに当時のチームは打線の破壊力に注目が集まった。在任3年間のチーム打率は、いずれも.277以上。99年は当時のプロ野球歴代1位となる.294(現在は2位)をマークして、他球団に「マシンガン打線」と恐れられた。

 しかし、監督の私には打撃のチームをつくる気など毛頭なかった。つくったつもりもない。腐心したのは、あくまで「投手を中心としたディフェンス力の強化」。98年のリーグ優勝、日本一もディフェンス力のたまものだと今も思っている。

■本当の強力打線は投手陣がつくる

 実際、当時は接戦が多く、相手の攻撃をしのいでしのいでいるうちに打線が爆発する、という展開が実は多かった。強力打線といっても、ノーガードの打ち合いを制しているうちは、まだアテにはできない。ここまでのDeNAの戦いを見ていると、今年も打高投低の傾向が顕著だ。投手陣が1失点で踏ん張った昨9日の阪神戦はともかく、活発な攻撃陣に比べて、チーム防御率は前日まで4.05。被安打数を調べてみたら、12試合で108本と1試合平均で9安打を許している。これだけヒットを打たれると、締まったゲーム展開にはなりにくく、それは相手の投手にも伝染する。乱打戦は、こっちも相手もバッテリーの集中力が削がれるから起こるわけで、そんな試合を何度やったって、打線に本当の力、怖さは身につかないものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも