マリナーズ岩隈は引く手あまた 黒田の広島復帰で価値高騰

公開日:  更新日:

 前ヤンキース・黒田博樹(39)の広島復帰で、同じ日本人投手の市場価値が高騰しているという。

 黒田をめぐっては、メジャーの需要は依然としてあった。実際、先発陣の立て直しを図るパドレスは12月下旬、1年総額1800万ドル(約21億6000万円)のオファーを出したと、地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」が伝えている。

 一時は古巣ドジャースも関心を寄せるなど、今年の2月で40歳になるベテラン右腕はモテモテだった。そんな黒田の広島復帰で補強が白紙に戻ったチームが、こぞって同じ日本人投手獲得に方向転換したという。

 先発陣の立て直しを図る球団の多くから新たに白羽の矢が立ったのが、マリナーズの岩隈久志(33)だ。岩隈は先発に定着した過去2年間で29勝(14敗)をマーク。一昨年(14勝6敗、防御率2.66)には安定感のある投球が評価され、サイ・ヤング賞の最終候補3人に残った。昨季のクオリティースタート(QS=6回を自責点3以内)は17試合と、計算できる先発投手として、一時はトレードの目玉に浮上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る