• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君のDL入りにメジャー往年の大投手が続々コメント

 総額161億円右腕のDL入りに、かつての名投手たちが持論を展開した。

 現役時代に3度のサイ・ヤング賞(97、99、00年)を受賞したペドロ・マルチネス氏(元レッドソックス)は29日(日本時間30日未明)、自身のツイッターで「田中には申し訳ないが、私はこうなるだろうと予想していた。故障は残念だが、一日も早い回復を願う」と呟いた。

 オープン戦での田中の投球を見たマルチネス氏は開幕直前、ラジオ番組で「(昨季、痛めた右ヒジは)今も万全とはいえない。全力で投げるのをためらっている。一年を通して健康な状態でいられるとは考えにくい」と分析。ヒジの故障が再発する可能性を示唆していた。

 一方、トミー・ジョン手術(腱の修復)の必要性を指摘したのはアスレチックス時代の01年、最多勝(21勝)を獲得したマーク・マルダー氏だ。同氏はツイッターで「恐らく、田中は再び(靱帯)の再建が必要になるだろう。彼がリトルリーグでプレーしていたのなら、こうなることは予期できたはずだ」と発言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る