マー君のDL入りにメジャー往年の大投手が続々コメント

公開日:  更新日:

 総額161億円右腕のDL入りに、かつての名投手たちが持論を展開した。

 現役時代に3度のサイ・ヤング賞(97、99、00年)を受賞したペドロ・マルチネス氏(元レッドソックス)は29日(日本時間30日未明)、自身のツイッターで「田中には申し訳ないが、私はこうなるだろうと予想していた。故障は残念だが、一日も早い回復を願う」と呟いた。

 オープン戦での田中の投球を見たマルチネス氏は開幕直前、ラジオ番組で「(昨季、痛めた右ヒジは)今も万全とはいえない。全力で投げるのをためらっている。一年を通して健康な状態でいられるとは考えにくい」と分析。ヒジの故障が再発する可能性を示唆していた。

 一方、トミー・ジョン手術(腱の修復)の必要性を指摘したのはアスレチックス時代の01年、最多勝(21勝)を獲得したマーク・マルダー氏だ。同氏はツイッターで「恐らく、田中は再び(靱帯)の再建が必要になるだろう。彼がリトルリーグでプレーしていたのなら、こうなることは予期できたはずだ」と発言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る