“札付き”の医師が手術回避 順調マー君につきまとう再発不安

公開日: 更新日:

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキース・田中将大(26)が18日(日本時間19日)のブレーブス戦に登板。オープン戦の2度目のマウンドは3回3分の2を投げ、2安打無失点、3奪三振、無四球だった。

 初回は2者連続三振に仕留めるなど、3者凡退で切り抜ける。二回には1死から5番ピアジンスキーに中前打されたが、続くシモンズを沈む変化球で遊撃への併殺打に仕留める。その後もテンポ良く打ち取ったが、四回2死から3番フリーマンに右越えの二塁打を許し、予定の45球に達して降板した。

 ここまでは右肘の不安を感じさせず、順調な仕上がりを披露しているものの、この先も同様にいくと見るのは早計だ。

 田中は昨年7月にPRP(多血小板血漿)療法を受けて手術を回避した。今回、レンジャーズ・ダルビッシュ有も診察を受けたメッツのチームドクターであるデービッド・アルチェック氏にセカンドオピニオンを仰いで最終的に保存療法を選択した。当初の予定通り、6週間で実戦復帰を果たしたとはいえ、アルチェック氏の診断は100%ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る