“札付き”の医師が手術回避 順調マー君につきまとう再発不安

公開日:  更新日:

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキース・田中将大(26)が18日(日本時間19日)のブレーブス戦に登板。オープン戦の2度目のマウンドは3回3分の2を投げ、2安打無失点、3奪三振、無四球だった。

 初回は2者連続三振に仕留めるなど、3者凡退で切り抜ける。二回には1死から5番ピアジンスキーに中前打されたが、続くシモンズを沈む変化球で遊撃への併殺打に仕留める。その後もテンポ良く打ち取ったが、四回2死から3番フリーマンに右越えの二塁打を許し、予定の45球に達して降板した。

 ここまでは右肘の不安を感じさせず、順調な仕上がりを披露しているものの、この先も同様にいくと見るのは早計だ。

 田中は昨年7月にPRP(多血小板血漿)療法を受けて手術を回避した。今回、レンジャーズ・ダルビッシュ有も診察を受けたメッツのチームドクターであるデービッド・アルチェック氏にセカンドオピニオンを仰いで最終的に保存療法を選択した。当初の予定通り、6週間で実戦復帰を果たしたとはいえ、アルチェック氏の診断は100%ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る